ZOTAC ZBOX HD-ID11-JにWindows Server 2008 R2をインストールしてみました

スポンサーリンク

先日、勢いでAtom D510+ION2搭載のZOTAC ZBOX HD-ID11-J(AA)を購入しました。消費電力も少ないということで、どうせだったら検証用のADサーバにしてしまおう、ということでWindows Server 2008 R2をインストールしてみました。

インストールにはUSB接続のDVDドライブが必要となりますが、特に問題なくインストールが完了しました。インストール後は、インボックスでインストールされなかったION2のドライバなど、ZOTACのサイトからドライバをダウンロード、インストールすることで対応しました。

メモリが2GBまでなので多くのプロセスを動作させることは難しいですが、検証用としてのADサーバであればストレスなく動作させることができます。特に、ION2のおかげでGUIによる操作が快適に行えます。

[補足]

製品パッケージの画像です。

パッケージから取り出し、電源を投入した画像です。

ケース内の画像です。ベアボーンなので、メモリ(DDR2-800 SODIMM 2GB)とHDD(2.5インチ SATAⅡ 500GB)を追加しています。

インストール後の初期構成タスクの画面です。

[参考]

  • ZBOX HD-ID11(製品情報)
    http://pdjp.zotac.com/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage_images.tpl&product_id=240&category_id=118&option=com_virtuemart&Itemid=1