10/1のTech Fieldersセミナーに参加してきました

スポンサーリンク

10/1に開催された「知ろう! 学ぼう! ASP.NET MVC ~最新 Web 開発フレームワークの全体像~」に参加してきました。全体を通して、気になった部分について纏めてみました。

■第1部 ASP.NET Web開発の全体像

  • Microsoft Web Platform ホーム(通称 /web)
    Microsoft Web プラットフォーム インストーラー(Web PI)やWindows Web アプリケーション ギャラリーなど、http://www.microsoft.com/web からMicrosoft製品を使ったWeb開発に必要なツール、情報が揃っているサイト。WordPress日本語版も WebPIに対応。

■第2部 知ろう! ASP.NET MVC ~概要・入門編~

  • MVCデザインパターンについて
    • Model
      データビジネスロジックを表現
    • View
      プレゼンテーション(UIへの出力)
    • Controller
      (UIからの)入力制御
  • WebアプリケーションにおけるMVCパターン
    1. Controllerがリクエストを受信
    2. ControllerがModelを初期化する
    3. Modelがビジネスロジックを実行する
    4. ControllerがViewを呼び出す
    5. ViewがModelを参照する
    6. Viewがレスポンスを送信する
  • URLルーティング
    • System.Web.Routing名前空間を用いて、URLを簡潔に表現することが可能
      例: http://example.com/Products/Car/Details/5
    • ASP.NET MVCでは規定で有効
    • SEO(検索エンジン最適化)対策で有効

■第3部 学ぼう! ASP.NET MVC ~活用・応用編~

  •  Viewの部分レンダリング
    • RenderPartial
      • Html.RenderPartial(ViewName, …)
    • RenderAction
      • Html.RenderPartial(ViewName, …)
    • テンプレートの利用
      • データ型やクラスに基づいたテンプレートの利用
      • 名前付きテンプレートの利用
  • セキュリティ対策
    • Controller実行時の認証の要求
    • HTML Encoding構文(WebFormViewEngine)
    • Cross Site Scripting(XSS)
    • Cross Site Request Forgeries(CSRF)
    • JSON Hijacking
  • ASP.NET MVC 3
    • 現時点では、Preview 1(2010/07/27リリース)
    • Webページの新しい記述構文であるRazor構文
    • ASP.NET 4 & Visual Studio 2010以降で対応

■まとめ

  •  WebフォームとMVC
    要求や仕様、エンジニアのスキルなど適材適所で使い分けることが重要

    • Webフォーム
      • 多数のコントロールが使用可能
      • イベント駆動型プログラミング
      • ViewStateやポストバック処理を多用する
      • ロジックの検証にWebサーバーが必要となる
    • HTMLベースでのUI開発
      • アクションメソッドによるリクエスト処理
      • ViewStateやポストバック処理を使用しない
      • ロジックの検証にWebサーバは不必要

■参考