技術ひろば.net 2010年10月 勉強会に参加してきました

スポンサーリンク

10/16に開催された「技術ひろば.net 2010年10月 勉強会」に参加してきました。全体を通して、気になった部分について纏めてみました。各スピーカーさんのセッションで使用した資料は既に技術ひろば.net のサイトで公開されていますので、合わせてご確認ください。

■Visual Studio LightSwitchで遊んでみた

スピーカー:(瀬尾さん)

  • データ中心、およびビジネスアプリケーションが容易に作成することができる開発環境。現在、Beta版(英語のみ、http://msdn.microsoft.com/en-us/lightswitch/default.aspx)が公開中。
  • データ処理方式はCRUD。
  • 使用されている技術として、「Sliverlight」、「MVVM」、「WCF RIA Services」、「Entity Framework」
  • コードをほとんど書かなくてもアプリケーションが作成できるが、万能の開発環境ではない。
  • 開発の流れは以下の通り。
    1. テーブル(Entity Framework)定義
    2. 画面デザイン
    3. カスタマイズ
    4. 1.~3.の繰り返し
    5. デプロイ
  • 注意点として、 テーブル定義においてリレーションはキーではなくインスタンスそのものなど。
  • Visual Studio 2010 Professional以上では、LightSwitchのテンプレートが追加されるので、そのテンプレートをもとにプロジェクト作成が可能。
  • Web上で公開されているサンプルは、ほとんど住所録か受注管理に関するアプリケーション。

■経営情報システムの応用情報技術者になりたい

スピーカー:(豊田さん)

  • 経営情報システムも応用情報技術者もどちらも「公的」資格。
    • 経営情報システムは厚生労働省所管。特別民間法人 中央職業能力開発協会で管理。 「職務遂行に必要な実務能力を評価」する。
    • 応用情報時術者は経済産業省所管。独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) が管理。 「情報処理技術者としての『知識・技能』を認定」する。
  • それぞれの問題を比較すると、経営情報システムは「実務寄り」、応用情報技術者は「教科書(知識)寄り」の傾向がありそう。

■SharePoint 2010 の進化と、「カスタマイズ」から「開発」へ

スピーカー:(MS 松崎さん)

  • SharePointは「複数ソリューションの複合体」を提供するツール。
    • ポータル提供と(バイナリ)ファイル管理
      • 登録したファイル、カスタマイズしたページはSQL Server上に一元管理
      • サーバ管理者、サイト管理者、ユーザでそれぞれゴミ箱が異なる。ユーザが誤って削除してもサイト管理者が復元することが可能。
    • CMS
      • Microsoft Content Management Serverの仕組みがSharePointに統合。
      • 文中の名前(製品名など)や 外観の統一的な管理などの「プロフェッショナル」オーサリング業務で必要とされる機能を提供。
    • ECM
      • テンプレート、情報管理ポリシーなどを纏めて管理。
    • EUC、コンポジット、インテリジェンス
      • Office製品(Word、Excel、PowerPoint、Visio、InfoPathなど)のほとんどが連携可能であり、コーティングの必要なしで「業務」に必要な情報を提供することが可能。
    • エンタープライズ検索
      • SharePointの目玉機能。これだけが目的で構築されるお客様もいる。
      • 社内に散在するファイルや人(Active Directory、LDAPなどと連携)の検索が可能。
    • ソーシャル&コミュニティ
      • 社内向けBlog専用サイト、Wiki専用サイトの提供。
  • エンドユーザー主導の「カスタマイズ」と エンジニア主導の「開発」
    • ページ上へのWebパーツ追加(エンドユーザー主導)とカスタムWebパーツ登録(エンジニア主導)
    • リスト作成(エンドユーザ主導)とカスタムリスト定義やリボン拡張(エンジニア主導)…など
  • サンドボックスはWebソリューションパッケージの新しい展開方法。
    • 例えば、開発したWebパーツを追加したいけどSharePointで提供しているサービスを停止できない場合などに有効。
    • 但し、悪意あるコードが実行されないよう使用可能な機能や、リソース制限されていることに注意

■フリートーク

  • 技術ひろば.netでは久しぶりのフリートーク。
  • いくつかのグループに分けて参加者と特にテーマを決めないで会話。
  • どんな些細なことでもセッションのテーマになりえる (テキストエディタの比較など)。