dsqueryコマンドのオプションについて その8

スポンサーリンク

Active Directoryに含まれる特定の種類のオブジェクトを検索するためのコマンドとして「dsquery」がありますが、ここでは「serverオプション」について纏めてみることにします。(Windows Server 2008 R2上で確認。それ以外のオプションについては、「dsqueryコマンドのオプションについて その1」を参照。)

■構文

dsquery server [-o {dn | rdn}] [-forest]
     [-domain <ドメイン名>] [-site <サイト名>]
     [-name <名前>] [-desc <説明>]
     [-hasfsmo {schema | name | infr | pdc | rid}] [-isgc]
     [-isreadonly] [{-s <サーバー> | -d <ドメイン>}] [-u <ユーザー名>]
     [-p {<パスワード> | *}] [-q] [-gc]
     [-limit <オブジェクト数>] [{-uc | -uco | -uci}]

■パラメーター

説明
-o {dn | rdn} 出力形式を指定します。
既定値: 識別名(DN)
-forest 現在のフォレストの中のActive Directoryドメイン コントローラー(DC)をすべて検索します。
-domain <ドメイン名> ドメインの中の <ドメイン名> に一致するDNS名のAD DCをすべて検索します。
-site <サイト名> サイト <サイト名> の一部であるAD DCをすべて検索します。
-name <名前> 名前が <名前> で指定された値(“NA*”、”Europe*”、”j*th”など)に一致するAD DCを検索します。
-desc <説明> 説明が <説明> で指定された値(“corp*”や”j*th”など)に一致するAD DCを検索します。
-hasfsmo {schema | name | infr | pdc | rid} 指定されたFSMO(Flexible Single-master Operation)の役割を保持するAD DC/LDSインスタンスを検索します。
(FSMOの”infr,”、”pdc”および”rid”の役割では、-domainパラメーターでドメインが指定されていない場合、現在のドメインが使用されます。)
AD LDSインスタンスは、スキーマと名前FSMOの役割を持つことができます。
-isgc 指定されたスコープ内でグローバル カタログ サーバー(GC)でもある AD DCをすべて検索します。
(-forest、-domainまたは -siteパラメーターが指定されていない場合、現在使用されているドメイン内のGCをすべて検索します)。
-isreadonly 指定されたスコープ内でAD読み取り専用DCをすべて検索します。
(-forest、-domainまたは-siteパラメーターが指定されていない場合、現在使用されているドメイン内のRODCをすべて検索します)。
{-s <サーバー> | -d <ドメイン>} -s <サーバー> は名前 <サーバー> でAD DC/LDSインスタンスに接続します。
-d <ドメイン> はドメイン <ドメイン> の AD DC に接続します。
既定値: ログオン ドメインのAD DC
-u <ユーザー名> <ユーザー名> として接続します。
既定値: ログインしているユーザー
ユーザー名は “ユーザー名”、”ドメインユーザー名” またはユーザー プリンシパル名(UPN)で指定します。
-p <パスワード> ユーザー <ユーザー名> のパスワードです。
*である場合は、パスワードの入力が求められます。
-q Quietモード: 標準出力への出力をすべて抑制します。
-gc Active Directoryドメイン サービス ローバル カタログの中を検索します。
-limit <オブジェクト数> 指定された基準に一致する返されるオブジェクトの数を指定します。このとき、<オブジェクト数> は返されるオブジェクトの数です。<オブジェクト数> の値が0である場合は、一致するオブジェクトはすべて返されます。
このパラメーターが指定されていない場合、最初の100件の結果が表示されます。
{-uc | -uco | -uci} -uc パイプからの入力またはパイプへの出力がUnicode形式であることを指定します。
-uco パイプまたはファイルへの出力がUnicode形式であることを指定します。
-uci パイプまたはファイルからの入力がUnicode形式であることを指定します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] dsqueryコマンドのオプションについて その8 […]