Microsoft Security Essentials v2にアップグレードする

スポンサーリンク

2010/12/16に無償のウイルス・スパイウェア対策ソフトであるMicrosoft Security Essentials v2(2.0.657.0)が公開されました。検証用に使用しているWindows 7にはMicrosoft Security Essentials v1がインストールされていますが、せっかくなのでv2にアップグレードしてみました。アップグレード手順は以下のとおりです。

[アップグレード手順]

  1. 以下のサイトにアクセスし、「mseinstall.exe」をダウンロード、任意のフォルダに保存します。このとき、x86版とx64版があるので、環境にあった実行ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードした「mseinstall.exe」を実行します。
    (UACが表示されますが、画面の指示にしたがって実行します。)
  3. アップグレード画面が表示されるので、[アップグレード >]ボタンをクリックします。
  4. ソフトウェア ライセンス条項の内容を確認、[同意します]ボタンをクリックします。
  5. カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうか(この例では、「カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する」)を選択し、[次へ >]ボタンをクリックします。
  6. 「ファイアウォールが有効でない場合に Windows ファイアウォールを有効にする (推奨)」のチェックボックスがデフォルトで「オン」になっていますが、そのまま[次へ >]をクリックします。
  7. Microsoft Security Essentialsのアップグレードが開始されます。
  8. アップグレードが鑑賞すると、以下の画面が表示されるので、[今すぐ再起動]ボタンをクリックし、システムを再起動します。
  9. 再起動後、Microsoft Security Essentialsを起動、[Security Essentials のバージョン情報]から以下のとおり、v2(2.0.657.0)になっていることが確認できます。