Windows Server 2008 R2 Hyper-Vアーキテクチャー ポスターがSP1対応として公開されています

スポンサーリンク

2/17にWindows 7/Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)がTechnetサブスクリプション/MSDNサブスクリプション/ボリュームライセンスで提供開始となっていますが、以前公開されたWindows Server 2008 R2 Hyper-Vアーキテクチャー ポスターがSP1対応として以下サイトに公開されました。

内容として、SP0のときと大きく変わりませんが、「Storage Interfaces」、「Storage Types」、「Import and Export」の項目から「Dynamic Memory Architecture and Configuration」、「Hyper-V with RemoteFX」とSP1から追加された機能の項目に変更されています。興味のある方は内容を確認して見ては如何でしょうか。

[参考]

  • 次世代の仮想デスクトップを実現する「Windows Server(R) 2008 R2 Service Pack 1 日本語版」を 2 月 17 日(木)より順次提供開始
    http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3953
  • Download details: Windows Server 2008 R2: Hyper-V Component Architecture
    http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=5567b22a-8c47-4840-a88d-23146fd93151