dsaddコマンドのオプションについて その7

スポンサーリンク

Active Directoryに含まれる特定の種類のオブジェクトを追加するためのコマンドとして「dsadd」がありますが、ここでは「quotaオプション」について纏めてみることにします。(Windows Server 2008 R2 SP1上で確認。それ以外のオプションについては、「dsaddコマンドのオプションについて その1」を参照。)

■構文

dsadd quota -part <パーティションDN> [-rdn <RDN>] -acct Name
     -qlimit <値> | -1 [-desc <説明>]
     [{-s <サーバー> | -d <ドメイン>}] [-u <ユーザー名>]
     [-p {<パスワード> | *}] [-q] [{-uc | -uco | -uci}]

■パラメーター

説明
-part <パーティションDN>必要な値です。
クォータを作成するディレクトリ パーティションの識別名を指定します。識別名が省略されている場合、標準入力(stdin)から識別名を得ます。
-rdn <RDN>作成するクォータの設定のRDN(相対識別名)を指定します。-rdnオプションが省略されている場合は、-acctパラメーターで指定されているセキュリティ プリンシパルのドメインとアカウント名を使って、<ドメイン>_<アカウント名> に設定されます。
-acct <セキュリティ プリンシパル名>必要な値です。
クォータの設定を指定するセキュリティ プリンシパル (ユーザー、グループ、コンピューター、InetOrgPerson) を指定します。
-acctオプションは次のいずれかの形式で提供できます:
セキュリティ プリンシパルのDN
セキュリティ プリンシパルのdomainSAMアカウント名
-qlimit {<値> | –1}必要な値です。
ディレクトリ パーティション内でセキュリティ プリンシパルが所有できるオブジェクトの数を指定します。無制限のクォータを指定するには-1の値を指定してください。
-desc <説明>追加するクォータ設定の説明を<説明> に設定します。
{-s <サーバー> | -d <ドメイン>}-s <サーバー> は名前 <サーバー> で AD DC/LDSインスタンスに接続します。
-d <ドメイン> はドメイン <ドメイン> のAD DCに接続します。
既定値: ログオン ドメインのAD DC
-u <ユーザー名><ユーザー名> として接続します。
既定値: ログオンしているユーザー
ユーザー名は “ユーザー名”、”ドメインユーザー名”、またはユーザー プリンシパル名(UPN)で指定します。
-p {<パスワード> | *}ユーザー<ユーザー名> のパスワードです。
*を指定した場合は、パスワードの入力が求められます。
-qQuietモード: 標準出力への出力をすべて抑制します。
{-uc | -uco | -uci}-ucパイプからの入力またはパイプへの出力がUnicode形式であることを指定します。
-ucoパイプまたはファイルへの出力がUnicode形式であることを指定します。
-uciパイプまたはファイルからの入力がUnicode形式であることを指定します。

コメント

  1. […] Active Directoryに含まれるパーティションにクォータの設定を追加します。(「dsaddコマンドのオプションについて その7」で記載。) […]