IISサイトのバインド設定を変更するとExchange管理シェルおよびExchange管理コンソールにアクセスできない

スポンサーリンク

Exchange Server 2010の前提条件としてIISをインストールする必要があります。IISをインストールした際、既定のサイト(Default Web Site)が作成されます。

Exchange Server 2010インストール後、Default Web Siteのバインド設定を変更すると、Exchange管理シェルおよびExchange管理コンソールにアクセスできない現象を確認しました。(Exchange Server 2010で確認しています)。

[再現手順]

  1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを起動します。
  2. 左ペインのツリーを展開、[Default Web Site]を選択、右ペインに表示される[バインド…]をクリックします。
     
  3. 項目として一番上に表示される[http]を選択、[編集]をクリックします。
     
  4. [IP アドレス]に表示されている「未使用の IP アドレスすべて」をプルダウンから別の設定(IPv6もしくはIPv4のIPアドレス)に変更し、[OK]ボタンをクリックします。
     
  5. [管理ツール] – [サービス]を起動し、 World Wide Web Publishing Service(W3SVCサービス)を再起動します。
  6. Exchange管理シェルおよびExchange管理コンソールを起動すると、以下のとおりエラーが表示され、アクセスできない現象が発生します。
    • Exchange管理シェルを起動した場合
    • Exchange管理コンソールを起動した場合
       

[回避方法]

httpのバインド設定を元(「未使用の IP アドレスすべて」)戻した後、World Wide Web Publishing Service(W3SVCサービス)を再起動します。

[参考]