System Center Orchestrator 2012 Betaのシステム要件について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容はBeta版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

運用管理の1つであるRun Book Automationを実現するツールであるOpalisの後継製品であるSystem Center Orchestrator 2012のBeta版が2011/06/20に公開され、Microsoft Download Center(英語)内の以下のサイトからダウンロード、入手が可能となっています。

System Center Orchestrator 2012 Betaのシステム要件については、上記のサイトにも記載されていますが、検証で確認したことも含め、以下に纏めてみました。

■System Center Orchestrator 2012 Betaのシステム要件

  • ハードウェア要件
    以下の最小ハードウェア構成が要求されます。
    • 1GB以上のメモリ (2GB推奨)
    • ハードディスクの空き容量が200MB以上
    • デュアルコアCPU以上
  • OS要件
    以下の表内の機能について、記載されているOS上でサポートされます。
    機能OS
    Management server
    Runbook server
    Orchestration console
    Orchestrator web service
    Windows Server 2008 R2
    Runbook Designer
    Runbook Tester
    Windows 7 (x86、x64)
    Windows Server 2008 R2
  • ソフトウェア要件
    System Center Orchestrator 2012 Betaのインストールには、以下のソフトウェアが要求されます。
    • .NET Framework 3.5 SP1 (System Center Orchestrator 2012 Betaのセットアップ時に必要)
    • Microsoft SQL Server 2008 R2 (Expressでも問題ありませんでした) 
    • .NET Framework 4 (Orchestration console、Orchestrator web serviceをインストールする場合)
    • IIS (Orchestration console、Orchestrator web serviceをインストールする場合)
    • Microsoft Silverlight 4 (Orchestration console、Orchestrator web serviceをインストールする場合)

[参考]