Infrastructure Planning and Design (IPD) ガイドが更新されています

スポンサーリンク

Infrastructure Planning and Design (IPD) ガイドは、マイクロソフト社が提供するインフラストラクチャ製品に関するアーキテクチャガイダンスです。

IPDガイドが提供される以前は、Windows Server System Reference Architectureと呼ばれる設計ガイドラインが提供されていました。

IPDガイドは製品や機能ごとに提供されていて、英語で記載されているものがほとんどですが、構築および設計する際に非常に有効な情報が記載されています。

2011/07/26 (米国時間)に、以下の項目がIPDガイドに追加、および更新されました。

  • 新規: SharePoint Server 2010
  • 更新: System Center Configuration Manager 2007 R3 and Forefront Endpoint Protection

上記の項目に加え、以下の製品プロダクト/機能のIPDガイドが提供されています。

  • Active Directory Certificate Services
  • Active Directory Domain Services
  • DirectAccess
  • Dynamic Datacenter
  • Exchange Online—Evaluating Software-plus-Services
  • Exchange Server
  • File Services
  • Forefront Identity Manager 2010
  • Forefront Unified Access Gateway
  • Internet Information Services
  • IPD Series Introduction
  • Malware Response
  • Microsoft Application Virtualization 4.6
  • Microsoft Enterprise Desktop Virtualization (MED-V)
  • Print Services
  • Remote Desktop Services
  • Selecting the Right NAP Architecture
  • Selecting the Right Virtualization Technology
  • SharePoint Online—Evaluating Software-plus-Services
  • SQL Server
  • System Center Data Protection Manager 2007 with SP1
  • System Center Operations Manager 2007
  • System Center Service Manager
  • System Center Virtual Machine Manager 2008
  • Terminal Services
  • Windows Deployment Services
  • Windows Optimized Desktop Scenarios
  • Windows Server Virtualization
  • Windows User State Virtualization

IPDガイドは、 Microsoft Download Center(英語)内の以下のサイトからダウンロード、入手が可能です。

公開されているIPDガイドをすべてダウンロードしたい場合には、「IPD – All.zip」と表示されている列のDownloadボタンをクリックします。

なお、日本語版のIPDガイドについては種類が少ないですが、以下のサイト経由で入手することが可能です。

[参考]