DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-AutoProtectIntent) について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、オンライン上では英語の情報しか公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-AutoProtectIntent」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

Set-AutoProtectIntent

■概要

SQL Serverインスタンスの自動保護設定を有効または無効にします。

■構文

Set-AutoProtectIntent [-ProductionServer] [-SQLInstanceName] [-AutoProtectIntent]
     [-ProtectionGroup] [<CommonParameters>]

■説明

Set-AutoProtectIntentコマンドレットは、SQL Serverインスタンスの自動保護設定を有効または無効にします。

■パラメーター

-ProductionServer
DPMエージェントがインストールされているサーバー。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置3

-SQLInstanceName
自動保護を設定するか自動保護設定を取得するSQL Serverインスタンス。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置1

-AutoProtectIntent
自動保護を有効にするか無効にするかを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置2

-ProtectionGroup
保護グループの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

詳細については、「Get-Help Set-AutoProtectIntent -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help Set-AutoProtectIntent -full」と入力してください。

コマンドレットの更新情報については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95130 (英語の可能性あり) を参照することもできます。

[参考]

コメント

  1. […] (Set-AutoProtectIntent) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2011/09/16/20110916-01/ 共有:印刷メールアドレスFacebookTwitterはてな続きStumbleUponRedditDigg […]