DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-RecoverableItem) について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、オンライン上では英語の情報しか公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-RecoverableItem」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

Get-RecoverableItem

■概要

回復ポイントの回復可能な項目の一覧を返します。

■構文

Get-RecoverableItem -RecoveryPointForShares [-Async] [-Tag] [<CommonParameters>]

Get-RecoverableItem [-RecoverableItem] [-BrowseType] [-Async] [-Tag]
     [<CommonParameters>]

Get-RecoverableItem [-SearchOption] [-Datasource] [-Async] [-Tag]
     [<CommonParameters>]

■説明

Get-RecoverableItemコマンドレットは、回復ポイントの回復可能な項目の一覧を返します。
ソースに基づく回復可能な項目は、次のとおりです。

  • ファイル システムのファイルおよびフォルダー
  • Microsoft Exchangeのストレージ グループ、データベース、およびメールボックス
  • Microsoft SQLのデータベース
  • Microsoft SharePointのサイト、データベース、およびドキュメント
  • Virtual Machine
  • DPMサーバー
  • 保護されるコンピューターのシステム状態

■パラメーター

-BrowseType
親ノードのみを参照するか、子ノードも参照するかを示します。有効な値は”Parent”および”Child”です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置1

-SearchOption
New-SearchOptionコマンドレットで定義されているように検索オプションを設定します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置1

-Datasource
Windowsファイル システムの共有またはボリューム、Microsoft SQL Serverデータベース、Microsoft Exchangeストレージ グループ、Microsoft SharePointファーム、Microsoft Virtual Machine、DPMデータベース、または保護グループのメンバーであるシステム状態。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

-RecoverableItem
回復可能な回復ポイント内の子項目。たとえば、Windowsファイル システムの共有またはボリューム、Microsoft SQLデータベース、Microsoft Exchangeストレージ グループ、Microsoft SharePoint、Microsoft Virtual Machine、Microsoft DPMデータベース、システム状態、回復ポイントなどです。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

-RecoveryPointForShares
使用する回復ポイント。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置named

-Async
このパラメーターにより、コマンドレットの非同期実行を指定することができます。これは、完了に時間がかかるコマンドレットで使用すると便利です。操作の開始直後に制御がユーザーに返されます。また、操作の進捗状況が定期的にユーザーに通知されます。これは、コマンドレットを使用したGUIの構築時に役立ちます。ただし、DPM管理シェルの操作時には使用されません。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-Tag
コマンドレットによって実行される各非同期呼び出しの応答を識別するのに役立ちます。これは、コマンドレットを使用したGUIの構築時に役立ちます。ただし、DPM管理シェルの操作時には使用されません。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

RecoverableItem

■メモ

詳細については、「Get-Help Get-RecoverableItem -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help Get-RecoverableItem -full」と入力してください。

コマンドレットの更新情報については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95130 (英語の可能性あり) を参照することもできます。

■例

例1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$ds = Get-Datasource -ProtectionGroup $pg
$rp = Get-RecoveryPoint -Datasource $ds
Get-RecoverableItem -RecoverableItem $rp -BrowseType child

このコマンドにより、回復ポイントから回復できるオブジェクトが返されます。

[参考]

コメント

  1. […] DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-RecoverableItem) について | 焦げloghttp://kogelog.com/2011/09/28/20110928-02/  […]