DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (New-RecoveryOption) について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、オンライン上では英語の情報しか公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「New-RecoveryOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

New-RecoveryOption

■概要

各種サーバーの回復オプションを設定できます。

■構文

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -GenericDatasource –RecoveryType
     [-TargetServer] [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [-SANRecovery] [-TargetLocation] [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-TargetServer] -HyperVDatasource [-RecoveryLocation]
     -RecoveryType [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [-SANRecovery] [-TargetLocation] [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -FileSystem -OverwriteType –RecoveryType
     [-TargetServer] [-AlternateLocation] [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape]
     [-RestoreSecurity] [-SANRecovery] [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-TargetServer] -ClientDatasource –OverwriteType
     [-RecoveryLocation] -RecoveryType [-AlternateLocation] [-DPMLibrary]
     [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery]
     [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-TargetServer] [-RecoveryLocation] -RecoveryType –SQL
     [-AlternateDatabaseDetails] [-CopyLogFiles] [-DPMLibrary]
     [-LeaveDBInRestoringState] [-LogFileCopyLocation] [-RecoverToReplicaFromTape]
     [-RestoreSecurity] [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-TargetLocation]
     [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -Exchange –ExchangeOperationType
     -RecoveryType [-TargetServer] [-AlternateDatabase] [-AlternateStorageGroup]
     [-DatabaseName] [-DPMLibrary] [-IsRecoveryStorageGroup] [-MailboxDisplayName]
     [-MountDatabaseAfterRestore] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-StorageGroupName] [-TargetLocation]
     [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -RecoveryType –SystemProtectionDatasource
     [-TargetServer] [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [-SANRecovery] [-TargetLocation][<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -PrimaryDpmServer [-TargetServer]
     [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape] [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -E14Datasource –ExchangeOperationType
     -RecoveryType [-TargetServer] [-AlternateDatabase] [-DPMLibrary]
     [-IsRecoveryDatabase] [-MountDatabaseAfterRestore] [-RecoverToReplicaFromTape]
     [-RestoreSecurity] [-RollForwardRecovery] [-SANRecovery] [-TargetLocation]
     [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-DPMServerName] [-StagingAreaPath] [-DestinationPath]
     [-DestinationServerName] [-DatasourceName] -DPMComponentName –OverwriteType
     [-DPMLibrary] [-FileSystemDatasource] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-RecoveryLocation] -RecoveryType -SharePoint [-TargetServer]
     [-DPMLibrary] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity] [-SANRecovery]
     [-TargetLocation] [<CommonParameters>]

New-RecoveryOption [-TargetServer] –DatabaseFileTempLocation
     –ExportFileTempLocation -IntermediateServer –IntermediateSqlInstance
     [-RecoveryLocation] -RecoveryType -SharePointSite [-DPMLibrary]
     [-ItemLevelRecoveryType] [-RecoverToReplicaFromTape] [-RestoreSecurity]
     [-SANRecovery] [-TargetLocation] [-TargetSiteUrl] [<CommonParameters>]

■説明

New-RecoveryOptionコマンドレットを使用すると、ファイル サーバー、Exchange、SharePointサーバー、SharePointサイト、SQL Server、およびその他のデータ ソースの回復ポイントを設定できます。

■パラメーター

-StagingAreaPath
ステージング領域へのパス。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置1

-DatasourceName
データ ソースの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置4

-DestinationPath
回復場所。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置3

-DestinationServerName
データの回復先となるサーバーの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置2

-ClientDatasource
復元中のデータがファイル システムであるか、またはアプリケーションであるかを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-DatabaseFileTempLocation
データベース ファイルの一時的な場所。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-DPMComponentName

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-DPMServerName
DPMサーバーの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置0

-E14Datasource
Exchange Server 2010からのデータ ソースであるかどうかを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-Exchange
現在の操作がMicrosoft Exchangeデータ ソースで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ExchangeOperationType
実行される操作の種類を示します。有効な値は”NoOperation”、”MailBoxLevelRecovery”、および”NeedCleanShutdown”です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ExportFileTempLocation
エクスポート ファイルの場所。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-FileSystem
操作がファイル システム データ ソースで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-GenericDatasource
現在の操作がMicrosoft Virtual Serverなどのデータ ソースで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-HyperVDatasource
Hyper-Vデータ ソースを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-IntermediateServer
SharePointサイトの回復時に使用されるサーバー。そのサーバーにSharePointファームがインストールされている必要があります。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-IntermediateSqlInstance
SharePointサイトの回復時に使用されるSQL Serverインスタンス。SQL Serverデータベースを一時的にホストするために使用されます。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-OverwriteType
回復するファイルが既に存在する場合に実行する操作を指定します。指定可能な値は”CreateCopy”、”Skip”、および”Overwrite”です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するnamed
パイプライン入力を許可するfalse
位置false

-PrimaryDpmServer
DPMサーバーへの回復であることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-RecoveryLocation
データの回復先の場所を示します。有効な値は”OriginalServer”、”CopyToFolder”、”OriginalServerWithDBRename”、”AlternateExchangeServer”、および”ExchangeServerDatabase”です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置0

-RecoveryType
回復の種類が”Recover”または”Restore”のいずれであるかを示します。Hyper-Vでは、”Recover”のみを使用できます。

必須true
ワイルドカード文字を許可するnamed
パイプライン入力を許可するfalse
位置false

-SharePoint
現在の操作がSharePointデータ ソースで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-SharePointSite
操作がSharePointサイトで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-SQL
現在の操作がSQL Serverデータ ソースで実行されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-SystemProtectionDatasource
システム保護データ ソースを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-TargetServer
回復が実行されるサーバー。
クラスター環境でNew-RecoveryOptionコマンドレットを使用する場合、ターゲット サーバー パラメーターはResourceGroupName.ClusterName.DomainNameの形式で指定する必要があります。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置0

-AlternateDatabase
代替データベースの名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-AlternateDatabaseDetails
データベースの種類。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-AlternateLocation
回復ポイントを作成する代替場所の名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-AlternateStorageGroup
新しい回復ポイントの代替ストレージ グループの名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-CopyLogFiles
ログ ファイルがコピーされることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-DatabaseName
データベースの名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-DPMLibrary
DPMライブラリ オブジェクト。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-FileSystemDatasource
ファイル システム データ ソースを回復することを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-IsRecoveryDatabase
データベースが回復用データベースであることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-IsRecoveryStorageGroup
回復が回復ストレージ グループであるかどうかを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ItemLevelRecoveryType

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-LeaveDBInRestoringState
これは、スイッチ パラメーターです。このパラメーターを使用しない場合、データベースが、非運用状態ではあるが復元可能な状態になることを示します。このパラメーターを使用する場合、データベースが運用状態になることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-LogFileCopyLocation
ログ ファイルのコピー先となる場所。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-MailboxDisplayName
メールボックスに表示される名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-MountDatabaseAfterRestore
復元後にデータベースが自動的にマウントされることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-RecoverToReplicaFromTape
レプリカへの回復がテープから実行されることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-RestoreSecurity
復元操作時に使用するセキュリティ設定を示します。
これは、スイッチ パラメーターです。コマンドレットで-RestoreSecurityパラメーターを使用した場合、回復ポイントからのセキュリティ設定が使用されることを示します。-RestoreSecurityパラメーターを使用しない場合、復元先サーバーのセキュリティ設定が使用されることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-RollForwardRecovery
アプリケーションを最新の状態にするために、最新の回復ポイントからアプリケーションを回復し、その回復ポイント以降のすべてのログを適用することを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-SANRecovery
現在の操作が記憶域ネットワーク (SAN) データ ソースで実行されることを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-StorageGroupName
ストレージ グループの名前。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-TargetLocation
レプリカが格納される場所。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-TargetSiteUrl
回復が実行される URL。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

RecoveryOption

■メモ

詳細については、「Get-Help New-RecoveryOption -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help New-RecoveryOption -full」と入力してください。

コマンドレットの更新情報については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95130 (英語の可能性あり) を参照することもできます。

■例

例1

&lt;br&gt;New-RecoveryOption -TargetServer &quot;test.contoso.com&quot; -RecoveryLocation copytofolder -FileSystem -AlternateLocation &quot;f:restore&quot; -OverwriteType overwrite -RestoreSecurity -RecoveryType Restore&lt;br&gt;

このコマンドにより、ファイル システムがtest.domain.comに回復され、その元のセキュリティ設定が復元されます。

例2

$dpmserver = connect-DPMServer &quot;DPMServer1&quot;
$ps = Get-ProductionServer &quot;DPMServer1&quot;
$ds = Get-Datasource $ps
$dl = Get-DPMLibrary &quot;DPMServer1&quot;
$rp = Get-RecoveryPoint $ds $rop = New-Recoveryoption -Filesystem -RecoverToReplicaFromTape 1 -RecoveryLocation DPMReplicaVolume -DPMLibrary $dl[0] -Targetserver DPMServer1 -overwritetype overwrite

この例は、レプリカを使用してファイル サーバーを回復するための一連のコマンドの概要について示しています。

例3

$pg = Get-ProtectionGroup
$ds = Get-Datasource $pg
$rp = Get-RecoveryPoint -Datasource $ds
$lib = Get-DPMLibrary
$rop = New-RecoveryOption -RecoverToReplicaFromTape 1 -RecoveryLocation DPMReplicaVolume -FileSystem -TargetServer DPMTestServer -OverwriteType Overwrite -RecoveryType Recover -DpmLibrary $lib
Recover-RecoverableItem -RecoverableItem $rp -RecoveryOption $rop
Recover-RecoverableItem -RecoverableItem $rp -RecoveryOption $rop

[参考]

コメント

  1. […] (New-RecoveryOption) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2011/09/30/20110930-02/ 共有:印刷メールアドレスFacebookTwitterはてな続きStumbleUponRedditDigg […]