FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Remove-FseFilterListEntry) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Remove-FseFilterListEntry」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Remove-FseFilterListEntry

■概要

1つまたは複数の項目をフィルター リストから削除します。

■構文

Remove-FseFilterListEntry -AllowedSender -Item <string[]> -List <string>
     [<CommonParameters>]

Remove-FseFilterListEntry -File -Item <string[]> -List <string> [<CommonParameters>]

Remove-FseFilterListEntry -Item <string[]> -Keyword -List <string>
     [<CommonParameters>]

Remove-FseFilterListEntry -Item <string[]> -List <string> –SenderDomain
     [<CommonParameters>]

Remove-FseFilterListEntry -Item <string[]> -List <string> –Subject
     [<CommonParameters>]

■説明

既存のフィルター リストからアイテムを削除できます。残りのリストはそのまま残します。複数のアイテムを配列として入力します。フィルター リストの種類、変更するフィルター リストの名前、および削除するアイテムを示します。

注意: リストに登録されているエントリのみが削除されます。リストに登録されていないエントリを削除しようとしても、何も実行されず、エラー メッセージも返されません。

リスト内の現在のエントリをすべて表示するには、Get-FseFilterListを使用します。

フィルター リストからすべてのエントリを削除するには、Clear-FseFilterListを使用します。

複数のパラメーター セットがあり、それぞれが異なる種類のフィルター リストを表します。パラメーター セットを1つだけ選択する必要があります。パラメーター セットは次のとおりです。

  • File – ファイル フィルター リストを示します。
  • Subject – 件名フィルター リストを示します。
  • SenderDomain – 送信者ドメイン フィルター リストを示します。
  • Keyword – キーワード フィルター リストを示します。
  • AllowedSender – 許可された送信者フィルター リストを示します。

各パラメーター セットには、次の 2 つのパラメーターがあります。-List (フィルター リストの名前) と -Item (値)。

■パラメーター

-AllowedSender [<SwitchParameter>]
許可された送信者フィルター リストを示すパラメーター セットです。必須 (1つのパラメーター セットを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-File [<SwitchParameter>]
ファイル フィルター リストを示すパラメーター セットです。必須 (1つのパラメーター セットを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Item <string[]>
フィルター リストから削除する値です。必須です。複数のアイテムを配列として入力します。

値を入力する代わりに、-Itemの値として、Get-Contentコマンドレットを使用して外部テキスト ファイルから値をインポートできます。形式は次のとおりです。-Item (Get-Content パスファイル)。コマンドが連携するしくみの詳細な説明については、例を参照してください。

注意: 外部ファイル内の項目は、コンマ区切りにすることも、それぞれ別の行に入力することもできます。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Keyword [<SwitchParameter>]
キーワード フィルター リストを示すパラメーター セットです。必須 (1つのパラメーター セットを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-List <string>
変更する1つのフィルター リストの名前です。フィルター リスト名は必須であり、大文字と小文字が区別されます。文字列に英数字以外の文字やスペースを含める場合は、引用符で囲んでください。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SenderDomain [<SwitchParameter>]
送信者ドメイン フィルター リストを示すパラメーター セットです。必須 (1つのパラメーター セットを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Subject [<SwitchParameter>]
件名フィルター リストを示すパラメーター セットです。必須 (1つのパラメーター セットを指定する必要があります)。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

PSObject

■メモ

■例

例1

 Remove-FseFilterListEntry -File -List &quot;Bad Files&quot; -Item &quot;resume.doc&quot;, &quot;*.mp3&quot;, &quot;bonuses.doc&quot; 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

“Bad Files”ファイル フィルター リストから3つのアイテムを削除します。

例2

 Remove-FseFilterListEntry -File -List List1 -Item (Get-Content &quot;c:PSFilterExample.txt&quot;) 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

FilterExample.txtというファイルに指定されたアイテムを”List1″ファイル フィルター リストから削除します。外部ファイル内の項目は、コンマ区切りにすることも、それぞれ別の行に入力することもできます。

■関連するリンク

  • New-FseFilterList
  • Remove-FseFilterList
  • Get-FseFilterList
  • Set-FseFilterList
  • Clear-FseFilterList
  • Add-FseFilterListEntry

[参考]