FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FseEngineManagement) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FseEngineManagement」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FseEngineManagement

■概要

エンジン固有の設定を構成します。

■構文

Set-FseEngineManagement [-OnDemandEngines <ScanJobEngineEnum>]
     [-OverrideAutomaticManagement <Boolean>]
     [-RealtimeEngines <ScanJobEngineEnum>]
     [-ScheduledEngines <ScanJobEngineEnum>]
     [-TransportEngines <ScanJobEngineEnum>] [<CommonParameters>]

■説明

自動エンジン管理や特定のスキャン ジョブに割り当てられるエンジンなど、エンジンに固有の設定を構成します。

■パラメーター

-OnDemandEngines <ScanJobEngineEnum>
オンデマンド スキャンで使用するエンジンを示します。省略可能です。OverrideAutomaticManagementを$trueに設定している場合のみエンジンを変更できます。それ以外の場合は、エラーが発生します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OverrideAutomaticManagement <Boolean>
自動エンジン管理を無効にします。省略可能です。自動エンジン管理とは、Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Serverで、スキャン ジョブごとにすべてのスキャン エンジンを選択し、エンジンと定義の更新をスケジュールすることを指します。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、自動エンジン管理が有効であることを意味します。$trueに設定すると、自動エンジン管理が上書きされ、エンジンの選択と更新をスケジュールをユーザーが変更できるようになります。

注意: このパラメーターでは、Set-FseSignatureUpdateによって管理されている設定 (プライマリ更新パスとセカンダリ更新パスを除く) を変更する機能も制御します。$falseを指定すると、シグネチャ更新の変更試行が失敗します。

$falseが入力されるまで$trueの値は有効なまま保たれるため、これらのパラメーターは異なる時刻に入力できます。

 Set-FseEngineManagement -OverrideAutomaticManagement $true -RealtimeEngines engine1, engine2, engine3, engine4 

 Set-FseEngineManagement -OndemandEngines engine5, engine1, engine2 

2番目の例では、上書きをしても$trueのままで、再入力は不要でした。

-OverrideAutomaticManagementが$false (既定値) に設定されている場合は、Set-FseManagementの他のパラメーターを設定できません。

注意: この値を$trueに設定すると、いずれかのスキャン ジョブまたはすべてのスキャン ジョブで使用するエンジンの一覧を指定できます。指定していないジョブでは、既定のエンジン セットが維持されます。この値を$falseに戻すと、各スキャン ジョブで、元の既定のエンジンがすべて復元されます。

必須false
位置named
既定値$false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RealtimeEngines <ScanJobEngineEnum>
リアルタイム スキャンで使用するエンジンを示します。省略可能です。OverrideAutomaticManagementを$trueに設定している場合のみエンジンを変更できます。それ以外の場合は、エラーが発生します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ScheduledEngines <ScanJobEngineEnum>
定期スキャンで使用するエンジンを示します。省略可能です。OverrideAutomaticManagementを$trueに設定している場合のみエンジンを変更できます。それ以外の場合は、エラーが発生します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TransportEngines <ScanJobEngineEnum>
トランスポート スキャンで使用するエンジンを示します。省略可能です。OverrideAutomaticManagementを$trueに設定している場合のみエンジンを変更できます。それ以外の場合は、エラーが発生します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FseEngineManagement -OverrideAutomaticManagement $true -RealtimeEngines Engine1, Engine2, Engine3, Engine4 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

自動エンジン管理を上書きし、リアルタイム スキャンの既定のエンジン セットの代わりに”Engine1″、”Engine2″、”Engine3″、および”Engine4″を使用します。Set-FseEngineManagementの前後にGet-FseEngineManagementを実行すると、設定前と設定後の違いを確認できます。

例2

 Set-FseEngineManagement -ScheduledEngines Engine3, Engine4, Engine5 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

定期スキャンの既定のエンジン セットの代わりにEngine3、Engine4、およびEngine5を使用します。Set-FseEngineManagementの前後にGet-FseEngineManagementを実行すると、設定前と設定後の違いを確認できます。

注意: ここでは、自動管理の上書きがまだ有効であると仮定しているため、-OverrideAutomaticManagementパラメーターを再度指定する必要はありません。

■関連するリンク

  • Get-FseEngineManagement
  • Get-FseSignatureUpdate
  • Set-FseSignatureUpdate

[参考]