DPM 2012 RC版でサポートされるオペレーティング システムについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容はRC (Release Candidate) 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2012/01/17 (米国時間) にSystem Center 2012 のRC版が公開、バックアップ管理ツールであるData Protection Manager (DPM) も含まれています。

DPM 2012 RC版をインストールするにあたり、サポートされるオペレーティング システムについて情報はありましたが、英語のみであったため、日本語で翻訳した内容を纏めました (意訳した内容となります)。

[サポートされるオペレーティング システム]

DPM 2012 RC版は、この記事で記載されているサポートされるx64版のオペレーティング システムのが必要となります。DPM 2012 RC版は、x86版およびItanium版のオペレーティング システムはサポートしていません。

[DPMサーバー]

DPMサーバーは、以下のx64版のオペレーティング システムが動作しているコンピューターにインストールされなければなりません。

  • Windows Server 2008, Standard and Enterprise editions
  • Windows Server 2008 SP2, Standard and Enterprise editions
  • Windows Server 2008 R2, Standard and Enterprise editions
  • Windows Server 2008 R2 SP1, Standard and Enterprise editions
    重要:
    サポートするオペレーティング システム上にDPMをインストールする前に、重要なアップデートを適用する必要があります。詳細な情報については、「DPM Server Software Prerequisites」を参照してください。
注:
DPMは、トルコ語バージョンのWindows Serverをサポートしません。

[DPMリモート管理]

DPMリモート管理は、どのコンピューターからDPMサーバーへの操作を許可します。DPMリモート管理は、スクリプトによるタスクの実行もサポートします。DPMリモート管理は、以下のオペレーティング システム上にインストールすることが可能です。

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008

[DPM Centralコンソール]

DPM Centralコンソールは、DPMの新しい機能です。DPM Centralコンソールを使用することで、ある位置から複数のDPMサーバーの監視および管理が可能です。DPM 2012 RC版、およびDPM 2010 QFE2 with feature packが動作しているサーバの監視やトラブルシューティングの実施が可能です。DPM Centralコンソールは、Operations Managerサーバー、もしくはOperations Managerコンソールが実行されているコンピューター上でインストールされていなければなりません。

  • Windows 7
  • Windows Vista

[保護されるコンピューター]

保護されるコンピューターの他のソフトウェアの必要条件だけではなく、それぞれの保護されるコンピューターについてサポートされるオペレーティング システムに関する詳細な情報については、「Protected Computer Software Requirements」を参照してください。

[参考]