FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FseLoggingOptions) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FseLoggingOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FseLoggingOptions

■概要

ログ オプションを設定します。

■構文

Set-FseLoggingOptions [-ArchiveTransportMail <ArchiveActionEnum>]
     [-EnableCustomerExperienceImprovementProgram <Boolean>]
     [-EnableEventLog <Boolean>] [-EnableOnDemandIncidentLogging <Boolean>]
     [-EnablePerformanceLog <Boolean>] [-EnableRealtimeIncidentLogging <Boolean>]
     [-EnableScheduledIncidentLogging <Boolean>]
     [-EnableSpamAgentLogging <Boolean>]
     [-EnableTransportIncidentLogging <Boolean>]
     [-EnableTransportSpamIncidentLogging <Boolean>]
     [-EventLogFlags <EventLogFlagsEnum[]>] [<CommonParameters>]

■説明

Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE) のさまざまなログ オプションおよび診断オプションを設定できます。

■パラメーター

-ArchiveTransportMail <ArchiveActionEnum>
エッジ トランスポートまたはハブ トランスポートの送受信電子メールのコピーをFPEで保存するかどうかを指定します。省略可能です。FPEのデータ フォルダーにある”In”フォルダーと”Out”フォルダーに送受信メッセージを保存するかどうかを指定します。保存時に、各メッセージには、年、日、月、時刻、および 3 桁の番号から構成されるファイル名が付けられます (例: 20022009102005020.eml)。この機能は、管理者とFPEサポート エンジニアが問題を診断して切り離す際に役立ちます。

このパラメーターに指定可能な値は次のとおりです。

  • None – メールはアーカイブされません。これが既定値です。
  • BeforeScan – スキャン前にメッセージがアーカイブされます。
  • AfterScan – スキャン後にメッセージがアーカイブされます。
  • BeforeAfterScan – スキャンの前後にメッセージがアーカイブされます。
必須false
位置named
既定値None
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableCustomerExperienceImprovementProgram <Boolean>
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを有効にします。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、データがカスタマー エクスペリエンス向上プログラムに返信されないことを意味します。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムでは、コンピューターのハードウェアに関する情報とFPEの使い方に関する情報が収集されます。収集時に作業が中断されることはありません。これらの情報は、FPEの機能の向上に役立てられます。収集された情報が、お客様の特定やお客様への連絡に使用されることはありません。カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの詳細およびプライバシー ポリシーの内容については、Microsoft Forefront Protection Suiteのプライバシーに関する声明 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=69322) を参照してください。

必須false
位置named
既定値$false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableEventLog <Boolean>
FPEイベントを、イベント ログに記録するかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、イベント ログを有効にすることを意味します。

警告: EnableEventLog設定の変更を有効にするには、FPE サービスをリサイクルする必要があります。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableOnDemandIncidentLogging <Boolean>
オンデマンド スキャンのインシデント ログを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、オンデマンド スキャンのインシデント ログが記録されることを意味します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnablePerformanceLog <Boolean>
FPEによって、パフォーマンス モニターにパフォーマンス統計を記録するかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、パフォーマンス統計がログに記録されることを示します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableRealtimeIncidentLogging <Boolean>
リアルタイム スキャンのインシデント ログを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、リアルタイム スキャンのインシデント ログが記録されることを意味します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableScheduledIncidentLogging <Boolean>

定期スキャンのインシデント ログを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、定期スキャンのインシデント ログが記録されることを意味します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableSpamAgentLogging <Boolean>
FPEで、スパム エージェントによって使用されるログ記録エージェントを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。スパム エージェントには 、コンテンツ フィルターや接続フィルター (つまり、Forefront DNS禁止一覧) があります。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、すべてのスパム エージェントに対してログの記録が有効であることを意味します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableTransportIncidentLogging <Boolean>
トランスポート スキャンのインシデント ログを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$trueは、トランスポート スキャンのインシデント ログが記録されることを示します。

必須false
位置named
既定値true
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableTransportSpamIncidentLogging <Boolean>
トランスポート スキャンのスパム インシデント ログを有効にするかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、トランスポート スキャンのスパム インシデント ログが記録されないことを示します。

警告: このパラメーターの値を$trueに変更すると、コンテンツ フィルターで拒否または削除されたすべてのスパム アイテムのレコードがインシデント データベースに書き込まれます。そのため、インシデント データベースの領域が大量に使用され、サーバーのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EventLogFlags <EventLogFlagsEnum[]>
イベント ログに書き込むイベントのクラスを構成します。省略可能です。指定可能な値は、インシデント、稼働中、エンジン、またはこれらの任意の組み合わせです。複数の値は配列として入力されます。既定値は、3つの値すべて (インシデント、稼働中、エンジン) です。

注意: このパラメーターは、EnableEventLogを$trueに設定した場合にのみ使用できます。

必須false
位置named
既定値Engines,Incidents,Operational
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FseLoggingOptions -ArchiveTransportMail AfterScan&amp;nbsp; -EnableOnDemandIncidentLogging $false 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

トランスポート メールは、スキャン後にアーカイブされます。オンデマンド インシデント ログの記録は無効です。

■関連するリンク

  • Get-FseLoggingOptions

[参考]