FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FseExchangeManagementStatus) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FseExchangeManagementStatus」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FseExchangeManagementStatus

■概要

Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Serverが特定のサーバーで Exchangeスパム対策機能とオンデマンド スキャン機能を管理できるかどうかを確認します。

■構文

Get-FseExchangeManagementStatus [<CommonParameters>]

■説明

Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE) が特定のサーバーでExchangeスパム対策機能とオンデマンド機能を管理できるかどうかを確認します。FPEを初めてインストールする場合や、既存の構成に新しいサーバーを追加する場合は、Active DirectoryでExchangeの検疫管理の役割グループにサーバー アカウントを追加し、その資格情報をすべてのサーバーにレプリケートする必要があります。ほとんどの環境では、この処理は短時間で完了します。ただし、環境によっては、処理に1時間以上かかる場合があります。レプリケーション処理が完了するまでは、サーバー上でのスパム対策機能もオンデマンド機能も実行できません。

Get-FseExchangeManagementStatusコマンドレットでは、FPEでサーバーのスパム対策機能とオンデマンド スキャンを管理できるか (ExchangeManagementAvailableが”true”の場合)、または管理できないか (ExchangeManagementAvailableが”false”の場合) が通知されます。パラメーターはありません。

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Get-FseExchangeManagementStatus 

例1:出力結果

ExchangeManagementAvailable : true

例1:説明

FPEが特定のサーバーでスパム対策機能とオンデマンド スキャンを管理できるかどうかを取得します。この例では、サーバーがこれらの機能を管理できる状態です。

■関連するリンク

[参考]