FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FseIncidentOptions) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FseIncidentOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FseIncidentOptions

■概要

インシデント データベースのオプションを取得します。

■構文

Get-FseIncidentOptions [<CommonParameters>]

■説明

インシデント データベースのオプションを取得します。これには、データベースの上限サイズ、インシデント アイテムを削除するかどうか、およびインシデント アイテムを保持する期間が含まれます。パラメーターはありません。インシデント データベースのオプションは、Set-FseIncidentOptionsを使用して設定します。

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Get-FseIncidentOptions 

例1:出力結果

EnablePurging   : true
PurgeAfter      : 60
SizeLimit       : 4

例1:説明

Set-FseIncidentOptionsを使用して設定されたインシデントのオプションを取得します。

■関連するリンク

  • Set-FseIncidentOptions
  • Get-FseIncident
  • Remove-FseIncident

[参考]