FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Send-FseQuarantine) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Send-FseQuarantine」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Send-FseQuarantine

■概要

検疫済みのアイテムを指定の受信者に配信します。

■構文

Send-FseQuarantine -Id <string[]> [-Bcc <string>] [-Cc <string>] [-Force]
     [-OriginalRecipients] [-To <string>] [<CommonParameters>]

■説明

検疫済みのアイテム (電子メールまたはファイル) を元の受信者または追加入力した受信者に配信します。検疫済みのアイテムをディスクに保存するには、Export-FseQuarantineを使用します。検疫データベースから検疫レコード (つまり、検疫済みアイテムのメタデータ情報) を取得するには、Get-FseQuarantineを使用します。

検疫からアイテムが配信されるときには、フィルタリングはバイパスされます。ただし、メールは常に、ウイルスに感染していないか再スキャンされるため、ウイルスに感染しているファイルが配信されることはありません。これには1つだけ例外があります。このアイテムを検出したすべてのスキャン エンジンで “誤検出” であることが判明され、その後、すべての定義データベースが更新された場合です。その場合、そのアイテムはウイルスとして検出されなくなり、配信されます。

■パラメーター

-Bcc <string>
配信されるアイテムの “Bcc” フィールドに含める必要がある電子メール アドレスを示します。省略可能です。複数の電子メール アドレスは、セミコロンで区切ります。

注意: -OriginalRecipientsパラメーターを指定すると、元の電子メールのBccフィールドに指定されたすべての受信者も、配信されるアイテムの Bcc フィールドに含められます。したがって、-OriginalRecipientsを指定する場合は、追加の受信者を含める目的でのみ -Bcc を使用する必要があります。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Cc <string>
配信されるアイテムの”Cc”フィールドに含める必要がある電子メール アドレスを示します。省略可能です。複数の電子メール アドレスは、セミコロンで区切ります。

注意: -OriginalRecipientsパラメーターを指定すると、元の電子メールのCcフィールドに指定されたすべての受信者も、配信されるアイテムのCcフィールドに含められます。したがって、-OriginalRecipientsを指定する場合は、追加の受信者を含める目的でのみ -Ccを使用する必要があります。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
警告メッセージを制御します。省略可能です。-Forceを指定して、コマンドレットが、ユーザーに警告せずに実行を継続するように強制します。-Force を指定した場合、Windows PowerShellはこのコマンドの確認を求めません。このパラメーターは、スクリプトの作成を許可するために提供されています。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Id <string[]>
検疫から配信するアイテムを示します。必須です。これらのIDは、検疫データベース内で指定します。複数のアイテムを配列として入力します。各値を引用符と中かっこで囲みます。例:

 Send-FseQuarantine -ID &quot;{b6025b58-70e6-4b0c-b519-94953bef7860}&quot; 

少数のファイルを分離するためには、Get-FseQuarantineコマンドレットと適切なフィルターを使用することをお勧めします。次に、パイプを使用してその結果セットをSend-FseQuarantineコマンドレットに送ることができます。パイプ処理により、ID自体と共に -Idパラメーターが提供されるため、パイプ処理を使用するときに指定しないでください。例:

 Get-FseQuarantine -Filter &quot;Subject = Evil&quot; | Send-FseQuarantine 

無効なIDを指定すると、コマンドレットによって後続のIDの処理が続行されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OriginalRecipients [<SwitchParameter>]
検疫から送信されるアイテムが、元の電子メールのTo、Cc、およびBccフィールドに指定された受信者に配信されることを示します。省略可能です。-To、-Cc、および -Bccの各パラメーターを使用して、追加の受信者を指定することもできます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-To <string>
配信されるアイテムの”To”フィールドに含める必要がある電子メール アドレスを示します。省略可能です。複数の電子メール アドレスは、セミコロンで区切ります。

注意: -OriginalRecipientsパラメーターを指定すると、元の電子メールのToフィールドに指定されたすべての受信者も、配信されるアイテムのToフィールドに含められます。したがって、-OriginalRecipientsを指定する場合は、追加の受信者を含める目的でのみ -Toを使用する必要があります。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Send-FseQuarantine -Id &quot;{E83480CA-47DB-4D26-9110-7170C2688EA3}&quot; -OriginalRecipients 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

指定したアイテムを検疫から元の受信者に送信します。

例2

 Send-FseQuarantine -Id &quot;{E83480CA-47DB-4D26-9110-7170C2688EA3}&quot; -OriginalRecipients -Cc irving@contoso.com -Bcc fred@contoso.com; herbie@contoso.com; &lt;a href=&quot;mailto:clarice@contoso.com&quot;&gt;clarice@contoso.com&lt;/a&gt; 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

指定したアイテムが検疫から送信されます。元のメールに指定されたすべての受信者がこのアイテムを受信します。また、CCコピーがIrvingに、BCCコピーがFred、Herbie、Clariceに送信されます。

例2

 Send-FseQuarantine -Id &quot;{E83480CA-47DB-4D26-9110-7170C2688EA3}&quot; -To connie@contoso.com -Cc nancy@contoso.com -Bcc tim@contoso.com; manuel@contoso.com; &lt;a href=&quot;mailto:gordon@contoso.com&quot;&gt;gordon@contoso.com&lt;/a&gt; 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

指定したアイテムが検疫から送信されます。元の受信者はだれもこのアイテムを受信しません。このアイテムはConnieに送信され、CCコピーはNancyに、BCCコピーはTim、Manuel、Gordonに送信されます。

■関連するリンク

  • Get-FseQuarantine
  • Export-FseQuarantine
  • Remove-FseQuarantine
  • Get-FseQuarantineOptions
  • Set-FseQuarantineOptions

[参考]