FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FseQuarantineOptions) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FseQuarantineOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FseQuarantineOptions

■概要

検疫オプションを設定します。

■構文

Set-FseQuarantineOptions [-EnablePurging <Boolean>] [-PurgeAfter <int>]
     [-RescanOnSend <FseRescanOnSendEnum>] [<CommonParameters>]

■説明

検疫データベースのオプションを設定します。このオプションは、検疫済みのアイテムを駆除するかどうか、検疫済みのアイテムを保持する期間、検疫から送信されるときに再スキャンするアイテムの種類などです。

■パラメーター

-EnablePurging <Boolean>
検疫済みのアイテムについて、-PurgeAfterパラメーターの定義に従って、一定期間後に自動的に削除するかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、検疫済みのアイテムが自動的には駆除されないことを意味します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PurgeAfter <int>
この日数を経過すると、検疫データベースからアイテムが自動的に削除されます。省略可能です。-EnablePurgingを$trueに設定した場合にのみ、この設定を使用します。1~10000の正の整数を指定できます。既定は365日です。

必須false
位置named
既定値365
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RescanOnSend <FseRescanOnSendEnum>
検疫から送信されるときに再スキャンするアイテムを指定します。省略可能です。ファイルは常にマルウェアの再スキャンの対象ですが、フィルター一致の再スキャンの対象として設定することもできます。指定可能な値は次のとおりです。

  • Malware – 検疫から送信されるファイルには、マルウェアの再スキャンのみが実行されます。これが既定値です。
  • Malware,Filters – 検疫から送信されるファイルには、マルウェアとフィルター一致の両方の再スキャンが実行されます。

注意: “Filters”のみの入力および””(未入力) は、いずれも許可されません。”Malware”を必ず値の一部に含めてください。

必須false
位置named
既定値Malware
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FseQuarantineOptions -EnablePurging $true -PurgeAfter 60 -RescanOnSend Malware 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

60日が経過したアイテムを検疫から駆除します。アイテムが検疫から送信されるときに、マルウェアの再スキャンのみが実行され、フィルター一致の再スキャンは実行されません。

■関連するリンク

  • Get-FseQuarantineOptions

[参考]