FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Import-FseSettings) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Import-FseSettings」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Import-FseSettings

■概要

保存された構成設定をインポートします。

■構文

Import-FseSettings [-ConfigStream <string>] [-Path <string>] [-Confirm] [-WhatIf]
     [<CommonParameters>]

■説明

.xmlファイルから構成設定をインポートします。このデータは、システムの起動、別のシステムの構成の複製、およびシステムの回復に使用できます。正しいことが確認されている最後の構成のコピーを保持することにより、この機能を使用して障害回復を実行できます。

注意: 1つのサーバーから別のサーバーに構成設定をインポートする場合、ターゲット コンピューターのすべての設定が上書きされます。同じようなロール構成のコンピューターのみに、構成設定をエクスポートおよびインポートすることをお勧めします。

既定では、設定をインポートするかどうかを確認するよう求めるメッセージが表示されます。次のように指定すると、確認メッセージを非アクティブにできます。

 Import-FseSettings -Confirm:$false 

注意: Microsoft Forefront Protection for Exchange Server (FPE) を初めてインストールする場合や、既存の構成に新しいサーバーを追加する場合は、Active DirectoryでExchangeの検疫管理の役割グループにサーバー アカウントを追加し、その資格情報をすべてのサーバーにレプリケートする必要があります。ほとんどの環境では、この処理は短時間で完了します。ただし、環境によっては、処理に1時間以上かかる場合があります。レプリケーション処理が完了するまでImport-FseSettingsコマンドレットを実行しないでください。コマンドが正常に実行されないことがあります。

Active Directoryでレプリケートを完了したかどうかを確認するには、Get-FseExchangeManagementStatusを実行します。完了した場合は、”True”が返されます。それまでは、Import-FseSettingsを実行しないでください。

■パラメーター

-ConfigStream <string>
このパラメーターは、内部処理にのみ使用されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <string>
インポートする.xmlファイルのパスとファイル名を示します。必須です。このファイルは、有効なxmlエントリを含んでいる必要があります。パスとファイル名の組み合わせを引用符で囲みます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Export-FseSettings -Path &quot;c:ExportedSettingsSavedSettings.xml&quot; Import-FseSettings -Path &quot;c:ImportedSettingsSavedSettings.xml&quot; 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

送信側サーバーで、指定された場所に設定をエクスポートします。Exportコマンドレットの詳細については、「Export-FseSettings」を参照してください。

ファイルを受信側サーバーにコピーして、Importコマンドレットを実行します。すべての設定は、”SavedSettings.xml”ファイルからインポートされます。

■関連するリンク

  • Export-FseSettings

[参考]