FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FseSpamContentFilter) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FseSpamContentFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FseSpamContentFilter

■概要

スパム コンテンツ フィルターの構成オプションを設定します。

■構文

Set-FseSpamContentFilter [-AllowedRecipient <string[]>] [-AllowedSender <string[]>]
     [-AllowedSenderDomain <string>] [-Enabled <Boolean>]
     [-EnableStatisticsUpload <Boolean>] [-RejectionResponse <string>]
     [-SpamAction <SpamActionEnum>] [-SuspectAction <SuspectActionEnum>]
     [-Threshold <int>] [<CommonParameters>]

■説明

スパム コンテンツ フィルターの構成オプションを設定します。スパム コンテンツ フィルターはメッセージの内容を分析して、そのメッセージがスパムに該当するかどうかを判定します。スパム コンテンツ フィルターによるメッセージの分析では、メッセージがスパムに該当する可能性を示す SCL (Spam Confidence Level) スコアがメッセージに割り当てられます。-Thresholdパラメーターを使用して、SCLスコアのしきい値を調整します。この値は、スパムの疑いがあるメッセージやスパムに該当するメッセージを判別する基準になります。-SuspectActionおよび -SpamActionパラメーターを使用して、疑わしいメッセージおよびスパム メッセージをスパム コンテンツ フィルターで処理する方法を指定します。

注意: スパム コンテンツ フィルターを使用するには、ExchangeおよびActive Directoryリソースで、さまざまなアクセス許可を設定する必要があります。この設定には、Set-FseSpamFilteringコマンドレットを使用します。また、このコマンドレットは、スパム コンテンツ フィルターを含む、すべてのスパム機能を有効にします。

注意: パラメーター -AllowedRecipients、-AllowedSender、および -AllowedSenderDomainの値は、Microsoft Exchange Serverでも使用されています。Exchange で同様の一覧に同様の値を設定しており、Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE) スパム コンテンツ フィルターでその値を使用する必要がある場合は、一覧をExchangeからFPEに手動でコピーしてください。

■パラメーター

-AllowedRecipient <string[]>
許可された受信者の一覧を示します。省略可能です。メッセージの受信者がこの一覧に含まれている場合は、そのメッセージに-1というSCLスコアが設定され、受信者に配信されます。このパラメーターには文字列値の配列を指定できます。受信者を電子メール アドレス (たとえば、manuel@fabrikam.com) として入力します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AllowedSender <string[]>
許可された送信者の一覧を示します。省略可能です。電子メール メッセージの送信者がこの一覧に含まれている場合は、そのメッセージに -1 という SCL スコアが設定されて受信者に配信されます。このパラメーターには文字列値の配列を指定できます。送信者を電子メール アドレス (たとえば、Fred@contoso.com) として入力します。

必須false
位置named
既定値no value
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AllowedSenderDomain <string>
許可された送信者ドメインの一覧を示します。省略可能です。電子メールの送信者のドメインがこの一覧に含まれている場合は、そのメッセージに-1というSCLスコアが設定されて受信者に配信されます。このパラメーターには文字列値の配列を指定できます。送信者をドメイン名 (たとえば、”contoso.com”) として入力します。ドメイン名は、”*.contoso.com”などの形式で入力しないでください。

必須false
位置named
既定値no value
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Enabled <Boolean>
スパム コンテンツ フィルターを有効にします。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、スパム コンテンツ フィルターを無効にすることを示します。スパム コンテンツ フィルターを使用するには、特定のExchangeおよびActive Directoryリソースでさまざまなアクセス許可を設定する必要があります。Set-FseSpamFilteringコマンドレットは、これらのアクセス許可を設定し、スパム コンテンツ フィルターを含むすべてのスパム機能を有効にします。このパラメーターを使用してスパム コンテンツ フィルターを有効または無効にするには、Set-FseSpamFilteringコマンドレットを使用してスパム機能を有効にしておく必要があります。

注意: この設定の変更を有効にするには、Microsoft Exchange Transportサービスを停止してから、再度開始する必要があります。再起動機能を使用しないでください。

スパム コンテンツ フィルターが有効な場合に、スパム対策エンジンの自動更新が有効になっていないと、警告メッセージが表示されます。また、スパム コンテンツ フィルターが無効の場合に、スパム対策エンジンの自動更新が有効のままになっていると、警告メッセージが表示されます。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EnableStatisticsUpload <Boolean>
スパム コンテンツ フィルターに関する情報をFPEでアップロードする必要があるかどうかを指定します。省略可能です。この情報は、スパム コンテンツ フィルターの機能を向上させる目的で使用されます。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、統計データが送信されないことを意味します。FPEで統計のアップロードを有効にするには、この値を$trueに設定します。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RejectionResponse <string>
スパム コンテンツ フィルターでスパムと判定された電子メールを拒否するときにFPEで使用するメッセージのテキストを指定します。省略可能です。SCLスコアが -Thresholdパラメーターで設定した値以上であり、-SpamActionパラメーターの値に”Reject”が設定されている場合、Forefrontはそのメッセージをスパムとして拒否します。既定値は次のとおりです。”Message rejected due to content restrictions”。応答テキストは240文字以内です。

注意: スパム コンテンツ フィルターにより、SMTPコンピューター読み取り可能コード”550 5.7.1″が自動的に応答に追加されます。

必須false
位置named
既定値see description
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SpamAction <SpamActionEnum>
SCLスコアと -Thresholdパラメーターの値に基づいてスパムと判定されたメッセージに対して実行するアクションを指定します。省略可能です。指定可能な値はRejectおよびDeleteです。

既定のアクション”Reject”では、スパム メッセージは拒否されます。メッセージの受信者は、-RejectionResponseパラメーターで指定されたメッセージを含む応答を受け取ります。

アクションを”Delete”に設定した場合は、スパム メッセージが削除され、メッセージの送信者は応答を受け取りません。

必須false
位置named
既定値Reject
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SuspectAction <SuspectActionEnum>
SCLスコアと -Thresholdパラメーターの値に基づいて疑わしいと判定されたメッセージに対して実行するアクションを指定します。省略可能です。指定可能な値はQuarantineおよびDeliverです。

既定値の”Quarantine”は、FPEによって、疑わしいメッセージが検疫されることを意味します。

-SuspectActionの値”Deliver”は、メッセージにSCLスコアが設定され、Exchangeにメッセージが配信されることを意味します。Outlookはメッセージをダウンロードして再スキャンし、迷惑メール フォルダーに配置する必要があるかどうかを判定します。

必須false
位置named
既定値Quarantine
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Threshold <int>
メッセージにスパムの疑いがあるか、またはスパムの可能性が高いかどうかを判定するためのSCL (Spam Confidence Level) しきい値を指定します。省略可能です。スパム コンテンツ フィルターによってスキャンされた各メッセージには、SCLスコアが割り当てられます。しきい値の指定可能な値の範囲は、4~9の整数です。既定値は8です。

SCLスコアがしきい値以上のメッセージは、スパムとして扱われます。該当するメッセージは、-SpamActionパラメーターの値に応じて拒否または削除されます。

SCLスコアが4を超えるが、しきい値に満たないメッセージは、スパムの疑いがあるメッセージとして扱われます。該当するメッセージは、-SuspectActionパラメーターの値に応じて検疫または配信されます。

SCLスコアが5未満のメッセージは、適正なメッセージとして扱われます。該当するメッセージには、Outlookによる再スキャンの対象にならないように、-1というSCLスコアが設定され、受信者に配信されます。

必須false
位置named
既定値8
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FseSpamContentFilter -Threshold 7 -SpamAction Delete -SuspectAction Quarantine -AllowedSenderDomain contoso.com -AllowedSender Fred@fabrikam.com,Herbie@fabrikam.com -Enabled $true 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

スパム コンテンツ フィルターを有効にします。しきい値を7、SpamActionを”Delete”、SuspectActionを”Quarantine”に設定します。許可された送信者ドメインとしてContoso.comが指定され、許可された特定の送信者が2つ示されます。

■関連するリンク

  • Get-FseSpamContentFilter

[参考]