FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FseBackscatterFilter) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FseBackscatterFilter」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FseBackscatterFilter

■概要

バックスキャター対策エージェントを有効にして、さまざまなオプションを設定します。

■構文

Set-FseBackscatterFilter [-DisableDate <boolean>] [-Enabled <boolean>]
     [-ExcludedDomains <string[]>] [-NoDsnDomains <string[]>] [<CommonParameters>]

■説明

バックスキャター対策エージェントを有効にして、さまざまなオプションを設定します。これには、バックスキャター対策エージェントの処理対象から除外する必要のあるドメインの一覧、配信状態通知を常に拒否にしておく必要のあるドメインの一覧が含まれます。

■パラメーター

-DisableDate <boolean>
バックスキャター フィルターの使用を段階的に停止または即座に停止できます。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、フィルターの使用が即座に停止されることを意味します (このパラメーターは-Enabledパラメーターと共に使用します)。

この機能を無効にするには2つの方法があります。フィルターを即座に無効にする方法と段階的に停止して7日後に無効にする方法です。

フィルターを即座に無効にするには、次のコマンドを実行します。

 Set-FseBackscatterFilter -Enabled $False -DisableDate $False. 

フィルターを7日後に無効にするには、次のコマンドを実行します。

 Set-FseBackscatterFilter -Enabled $False -DisableDate $True. 

必須false
位置named
既定値$False
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するtrue (ByPropertyName)

-Enabled <boolean>
バックスキャター対策エージェントを有効または無効にします。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、バックスキャター対策エージェントを無効にすることを意味します。

注意: この設定の変更を有効にするには、Microsoft Exchange Transportサービスを停止してから、再度開始する必要があります。再起動機能を使用しないでください。

必須false
位置named
既定値$False
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ExcludedDomains <string[]>
バックスキャター対策エージェントの処理対象から除外する必要のあるドメインのコンマ区切りリストです。省略可能です。エージェントでは、送信メールにBATV (Bounce Address Tag Validation) トークンを添付するときに、この除外ドメイン リストを参照します。一致が見つかった場合、BATVタグは電子メールに添付されません。同様に、除外ドメインから配信状態通知 (DSN) が返されると、受信メールを処理しているBATVエージェントでそのDSNが処理対象から除外されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-NoDsnDomains <string[]>
有効なBATVトークンが含まれていても配信状態通知 (DSN) を常に拒否にしておく必要のあるドメインのコンマ区切りリストです。省略可能です。ドメイン名の一部として、”*”ワイルドカード文字を使用することができます (*.testdomain.local、*.local など)。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するtrue

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FseBackscatterFilter -Enabled $True - ExcludedDomains contoso.com, example.com -NoDsnDomains fabrikam.com 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

バックスキャター フィルタリングを有効にします。処理対象から除外する2つのドメイン (Contoso.com と Example.com) および配信状態通知を常に拒否にしておく1つのドメイン (Fabrikam.com) が示されます。

例2

 Set-FseBackscatterFilter -Enabled $false - DisableDate $true 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

バックスキャター フィルターを現在の日時から7日後に無効にします。

■関連するリンク

  • Get-FseBackscatterFilter

[参考]