FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (New-FseBackscatterKeys) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「New-FseBackscatterKeys」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

New-FseBackscatterKeys

■概要

新しいバックスキャター キーのセットを生成します。

■構文

New-FseBackscatterKeys [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

■説明

BATV (Bounce Address Tag Validation) トークンの作成時にエージェントで使用される10個のバックスキャター キーのセットを新しく生成します。このコマンドレットを実行するたびに、キーのセットが新しく作成されます。キーのセットを新しく生成することを決定した場合でも、古いセットが24時間保持され、Exchange組織への適正な配信状態通知 (DSN) の配信が確実に続行されます。古いキーのセットは、24時間後に破棄されます。

エージェントを有効にするチェック ボックスをオンにした後で、キーのセットを生成する必要があります。生成しない場合は、古いセットの安全性に問題が生じたと感じたときに、キーのセットを新しく生成すれば十分です。既定では、これらのキーには有効期限はありません。

注意: Forefront Protection Managerコンソールでスパム対策を管理している場合は、Forefront Protection Managerでバックスキャター フィルターも管理する必要があります。したがって、新しいバックスキャター キーのセットを生成する際には、参加しているすべてのコンピューターで同じキーのセットを取得し、それらに基づいて受信 DSN を処理するように、Forefront Protection Managerを介して生成処理を行う必要があります。ローカル サーバーでキー セットを生成すると、Forefront Protection Managerまたは別のローカル サーバーで生成されたセットとキーが一致しなくなる可能性があります。その場合は、一部の受信DSNが失われる可能性があります。Forefront Protection Managerでキー セットを管理すると、参加している組織内のすべてのサーバー間でキーの同期状態が維持されます。

■パラメーター

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 New-FseBackscatterKeys 

例1:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例1:説明

新しいバックスキャター キーのセットを生成します。

■関連するリンク

  • Get-FseBackscatterFilter
  • Set-FseBackscatterFilter

[参考]