FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Start-FsspScheduledScan) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for SharePoint (FPSP 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPSP 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Start-FsspScheduledScan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Start-FsspScheduledScan

■概要

ドキュメント ストアの定期スキャンを開始します。

■構文

Start-FsspScheduledScan [<CommonParameters>]

■説明

Set-FsspScheduledScanコマンドレットで指定した設定を使用してSharePointドキュメント ストアの定期スキャンを開始できます。この場合、設定された自動開始スケジュールより前にスキャンが開始されます。このスキャンは、マルウェア検出の増加に対応するための予防措置として実行できます。パラメータはありません。ただし、-verboseでコマンドレットを呼び出して、スキャンの詳細な状態をコマンド ラインに出力することはできます。Set-FsspScheduledScanの -SiteScopeパラメータで指定したすべてのサイトがスキャンされます。

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Start-FsspScheduledScan 

例1:説明

メールボックス ストアの定期スキャンをすぐに実行します。

コマンドが正常に完了した場合は、何も出力されません。

■関連するリンク

  • Get-FsspScheduledScan
  • Set-FsspScheduledScan
  • Stop-FsspScheduledScan
  • Suspend-FsspScheduledScan
  • Resume-FsspScheduledScan

[参考]