FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FsspNotification) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for SharePoint (FPSP 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPSP 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FsspNotification」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FsspNotification

■概要

電子メール通知の設定を取得します。

■構文

Get-FsspNotification [-Administrator] [-Author] [-Event <Enum[]>] [-LastModified]
     [<CommonParameters>]

■説明

■パラメーター

-Administrator [<SwitchParameter>]
管理者に対する通知を取得する場合に指定します。 このスイッチ パラメータは、-Eventパラメータのすべての値と組み合わせて使用できます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Author [<SwitchParameter>]
作成者の役割 (マルウェアが含まれるファイルやフィルタが一致するファイルを作成したユーザー) に対する通知のみが返されます。省略可能です。このスイッチ パラメータには、-Eventパラメータの一部の値を指定できません (-Eventパラメータを参照)。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Event <Enum[]>
返されるイベント通知を指定します。省略可能です。このパラメータを使用しない場合、指定された役割からのすべての通知の設定が返されます。このパラメータは、スイッチ パラメータ (-Administrator、-LastModified、または -Author) のいずれかと組み合わせた場合にのみ使用できます。

次の -Eventパラメータの値は管理者の役割でのみ有効です。

  • DatabaseSizeWarning – データベースのサイズが最大サイズに近づくと送信されます。
  • EngineSelectionNeeded – スキャン ジョブでエンジンが選択されていないときに送信されます。
  • EngineUpdateFailure – エンジンの更新中にエラーが発生したときに送信されます。
  • EngineUpdateNotAvailable – エンジンを更新しようとして新しい定義がなかったときに送信されます。
  • EngineUpdateSuccess – エンジンが正常に更新されたときに送信されます。
  • HealthChangeToGreen – 正常性監視ポイントが緑に変わったときに送信されます。
  • HealthChangeToRed – 正常性監視ポイントが赤に変わったときに送信されます。
  • HealthChangeToYellow – 正常性監視ポイントが黄色に変わったときに送信されます。
  • LicenseExpired – 製品のライセンスの期限が切れたときに送信されます。
  • LicenseWarning – 製品のライセンスの期限が近づくと送信されます。
  • ScanInitError – スキャン ジョブが正常に開始されなかったときに送信されます。
  • ScanRecovery – スタートアップの失敗からスキャン ジョブが回復されたときに送信されます。以前の警告は無視してください。
  • ScanRevertToDefault – スキャン ジョブが既定の設定で開始されたときに送信されます。組織のニーズに基づいてこれらの設定を確認することをお勧めします。
  • ScanStartup – スキャンが開始されるたびに送信されます。
  • ScanTimeout – アイテムのスキャン中にタイムアウトが発生したときに送信されます。
  • ScanTimeoutRecovery – アイテムのスキャン中にタイムアウトが発生したが、スキャン ジョブが正常に回復されたときに送信されます。

次の -Eventパラメータの値はすべての役割で有効です。

  • FileError – ファイルに問題があるか、ファイルの制限に達したときに送信されます。
  • FileFilter – ファイル フィルタと一致したときに送信されます。
  • KeywordFilter – キーワード フィルタと一致したときに送信されます。
  • ScanError – スキャン中にエラーが発生したときに送信されます。
  • Spyware – スパイウェアが検出されたときに送信されます。
  • Virus – ウイルスが検出されたときに送信されます。
  • MaxFileExceeded – ファイルのサイズがスキャンの最大サイズを超えたときに送信されます。
必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-LastModified [<SwitchParameter>]
最終更新者の役割 (マルウェアが含まれるファイルやフィルタが一致するファイルを最後に変更したユーザー) に対する通知のみが返されます。省略可能です。このスイッチ パラメータには、-Eventパラメータの一部の値を指定できません (-Eventパラメータを参照)。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

■関連するリンク

[参考]