Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Add-ClusterResourceType) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、WSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Add-ClusterResourceType」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Add-ClusterResourceType

■概要

リソースの種類をフェールオーバー クラスターに追加して、そのリソースの種類で使用するダイナミック リンク ライブラリ (DLL) などの情報を指定します。

■構文

Add-ClusterResourceType [-InputObject <psobject>] [-Name] <string>
     [-Dll] <string> [[-DisplayName] <string>] [-Cluster <string>]
     [<CommonParameters>]

■説明

フェールオーバー クラスター ソフトウェアによって、最も一般的な種類のリソースのリソースDLLファイルが提供されます。Microsoft Platform Software Development Kit (SDK) に用意されているアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使用することで、他のベンダーは他のリソースの種類のサポートを追加できます。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-DisplayName <string>
リソースの種類の表示名を指定します。

必須 false
位置 3
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Dll <string>
リソースの種類の dll パスを指定します。

必須 true
位置 2
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InputObject <psobject>
新しいリソースの種類を登録する対象のクラスターを指定します。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Name <string>
登録するクラスター リソースの種類の名前を指定します。

必須 true
位置 1
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.Cluster

■出力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.ClusterResourceType

■メモ

■例

例1

 Add-ClusterResourceType ResType3 %systemdrive%res3.dll 

例1:出力結果

Name                                    DisplayName
—-                                    ———–
ResType3                                ResType3

例1:説明

このコマンドは%systemdrive%上にあるres3.dllを使用して、ResType3をローカル クラスター上に作成します。

例2

 Add-ClusterResourceType ResType4 %systemdrive%res4.dll -DisplayName &quot;Resource Type 4&quot; 

例2:出力結果

Name                                    DisplayName
—-                                    ———–
ResType4                                Resource Type 4

例2:説明

このコマンドは%systemdrive%上にあるres4.dllを使用して、ResType4をローカル クラスター上に作成します。リソースの種類の表示名は、”Resource Type 4″です。

■関連するリンク

  • Get-ClusterResourceType
  • Remove-ClusterResourceType

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Add-ClusterResourceType) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2012/08/20/20120820-01/ […]