Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-Cluster) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、WSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-Cluster」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-Cluster

■概要

対象のドメイン内の1つまたは複数のフェールオーバー クラスターに関する情報を取得します。

■構文

Get-Cluster [-Domain <string>] [<CommonParameters>]

Get-Cluster [[-Name] <string>] [<CommonParameters>]

■説明

このコマンドレットは、フェールオーバー クラスターに関するさまざまな構成および状態の情報を取得できます。具体的な情報としては、次の項目が挙げられます。

  • バックアップが進行中であるかどうかについての状態情報
  • クラスターが強制的にクォーラム状態になっているかどうかについての状態情報
  • 特にマルチサイト クラスターに関連するクロスネットワーク設定

クラスターの共通のプロパティを設定するには、このコマンドレットを使用してクラスター オブジェクトを取得し、そのクラスター オブジェクトに適切なプロパティを直接設定します。

■パラメーター

-Domain <string>
クラスターを列挙する対象のドメインの名前を指定します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Name <string>
取得するクラスターの名前を指定します。

必須false
位置1
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.Cluster

■メモ

■例

例1

 Get-Cluster | fl * 

例1:出力結果

Domain                           : contoso.com
Name                             : cluster1
FixQuorum                        : 0
SharedVolumesRoot                : C:ClusterStorage
DefaultNetworkRole               : 2
Description                      :
QuorumArbitrationTimeMax         : 20
ClusSvcHangTimeout               : 60
ClusSvcRegroupStageTimeout       : 7
ClusSvcRegroupOpeningTimeout     : 5
ClusSvcRegroupPruningTimeout     : 5
ClusSvcRegroupTickInMilliseconds : 300
HangRecoveryAction               : 3
SameSubnetDelay                  : 1000
CrossSubnetDelay                 : 1000
SameSubnetThreshold              : 5
PlumbAllCrossSubnetRoutes        : 0
CrossSubnetThreshold             : 5
BackupInProgress                 : 0
RequestReplyTimeout              : 60
WitnessRestartInterval           : 15
SecurityLevel                    : 1
ClusterLogLevel                  : 3
ClusterLogSize                   : 100
WitnessDatabaseWriteTimeout      : 300
AddEvictDelay                    : 60
EnableSharedVolumes              : Enabled
Id                               : 655d3640-2845-4077-a396-9f317f2df60e

例1:説明

このコマンドは、ローカル クラスターの状態およびプロパティに関する情報を一覧形式で表示します。

例2

 Get-Cluster cluster1 

例2:出力結果

Name
—-
cluster1

例2:説明

このコマンドは、cluster1という名前のクラスターに関する情報を取得します。

例3

 Get-Cluster -domain contoso.com 

例3:出力結果

Name
—-
cluster1
cluster2
cluster3

例3:説明

このコマンドは、contoso.comドメイン内の各クラスターに関する情報を取得します。

例4

 $cluster = Get-Cluster; $cluster.CrossSubnetDelay = 1500 

例4:説明

このコマンドは、ローカル クラスターの共通のプロパティ CrossSubnetDelay を 1500 に設定します。また、以下のコマンドレットを実行して、そのプロパティを設定することもできます。

 Get-Cluster | %{ $_.CrossSubnetDelay = 1500 } 

コマンドが正常に完了した場合は、何も出力されません。

■関連するリンク

  • New-Cluster
  • Remove-Cluster
  • Start-Cluster
  • Stop-Cluster
  • Test-Cluster

[参考]

コメント

  1. […] Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-Cluster) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2012/08/23/20120823-02/ […]