Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterResource) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、WSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-ClusterResource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-ClusterResource

■概要

フェールオーバー クラスター内の1つまたは複数のリソースに関する情報を取得します。

■構文

Get-ClusterResource [-InputObject <psobject>] [[-Name] <StringCollection>]
     [-Cluster <string>] [<CommonParameters>]

■説明

クラスター化されたリソースの共通のプロパティを設定するには、このコマンドレットを使用してクラスター化されたリソースのオブジェクトを取得し、そのオブジェクトに適切なプロパティを直接設定します。クラスター化されたリソースに関する詳細情報を取得および設定するには、このコマンドレットをGet-ClusterParameterおよびSet-ClusterParameterと組み合わせて使用します。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InputObject <psobject>
クラスター リソースを列挙する対象のクラスター ノードまたはクラスター グループを指定します。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Name <StringCollection>
取得するクラスター リソースの名前を指定します。

必須 false
位置 1
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する true

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.Cluster、Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.ClusterResource、Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.ClusterNode

■出力

Microsoft.FailoverClusters.PowerShell.ClusterResource

■メモ

■例

例1

 Get-ClusterResource 

例1:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
Cluster Disk 1      Online              Cluster Group       Physical Disk
Cluster Disk 2      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 3      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 4      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 5      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 6      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 7      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster IP Address  Online              Cluster Group       IP Address
Cluster IP Addre… Online              Cluster Group       IPv6 Address
Cluster Name        Online              Cluster Group       Network Name

例1:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のすべてのクラスター リソースを一覧表示します。

例2

 Get-ClusterResource &quot;Cluster Disk 2&quot; | fl * 

例2:出力結果

Cluster                : cluster1
IsCoreResource         : False
IsNetworkClassResource : False
IsStorageClassResource : True
OwnerNode              : node2
ResourceType           : Physical Disk
State                  : Online
OwnerGroup             : Available Storage
Name                   : Cluster Disk 2
MaintenanceMode        : False
MonitorProcessId       : 524
Description            :
SeparateMonitor        : False
PersistentState        : 1
LooksAlivePollInterval : 4294967295
IsAlivePollInterval    : 4294967295
RestartAction          : 2
RestartThreshold       : 1
RestartDelay           : 500
RestartPeriod          : 900000
RetryPeriodOnFailure   : 3600000
PendingTimeout         : 180000
DeadlockTimeout        : 300000
ResourceSpecificStatus :
Id                     : 6e394089-145a-4279-b75d-b14015cc36e4

例2:説明

このコマンドは、(ローカル クラスター上の) Cluster Disk 2に関する情報を一覧形式で表示します。

例3

 Get-ClusterResource &quot;Cluster Disk 2&quot; | Get-ClusterParameter 

例3:出力結果

Object              Name                Value               Type
——              —-                —–               —-              
Cluster Disk 2      DiskIdType          0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskSignature       2654136047          UInt32
Cluster Disk 2      DiskIdGuid                              String
Cluster Disk 2      DiskRunChkDsk       0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskUniqueIds       {16, 0, 0, 0…}    ByteArray
Cluster Disk 2      DiskVolumeInfo      {1, 0, 0, 0…}     ByteArray
Cluster Disk 2      DiskArbInterval     3                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskPath                                String
Cluster Disk 2      DiskReload          0                   UInt32
Cluster Disk 2      MaintenanceMode     0                   UInt32
Cluster Disk 2      MaxIoLatency        1000                UInt32
Cluster Disk 2      CsvEnforseWriteT… 0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskPnpUpdate       {0, 0, 0, 0…}     ByteArray

例3:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のCluster Disk 2の詳細パラメーターを表示します。

例4

 Get-ClusterGroup FileServer1 | Get-ClusterResource 

例4:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
Cluster Disk 1      Online              FileServer1         Physical Disk
Cluster IP Address  Online              FileServer1         IP Address
Cluster IP Addre… Online              FileServer1         IPv6 Address
FileServer1         Online              FileServer1         Network Name

例4:説明

このコマンドは、クラスター グループFileServer1 (ローカル クラスター上のクラスター化されたファイル サーバー) 内のクラスター リソースを一覧表示します。

例5

 $resource = Get-ClusterResource &quot;Cluster Disk 2&quot;; $resource.RestartDelay = 600 

例5:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上の”Cluster Disk 2″リソースの共通のプロパティRestartDelayを600に設定します。また、”Get-ClusterResource “Cluster Disk 2” | %{ $_.RestartDelay = 600 }”を実行して、そのプロパティを設定することもできます。

■関連するリンク

  • Add-ClusterResource
  • Move-ClusterResource
  • Remove-ClusterResource
  • Resume-ClusterResource
  • Start-ClusterResource
  • Stop-ClusterResource
  • Suspend-ClusterResource

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterResource) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2012/08/29/20120829-01/ […]