Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレット (Enable-NlbClusterPortRule) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、ネットワーク負荷分散 (NLB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Enable-NlbClusterPortRule」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Enable-NlbClusterPortRule

■概要

NLBクラスター上またはNLBクラスター内の特定のノード上のポート規則を有効にします。

■構文

Enable-NlbClusterPortRule [-Port] <System.Nullable`1[[System.UInt32> [-ClusterWide]
     [-HostName <string>] [-InterfaceName <string>] [-Ip <IPAddress>]
     [<CommonParameters>]

Enable-NlbClusterPortRule -InputObject <PortRule[]> [<CommonParameters>]

■説明

Enable-NlbClusterPortRuleコマンドレットは、NLBクラスター上またはNLBクラスター内の特定のノード上の特定のポート規則を有効にします。

■パラメーター

-ClusterWide [<SwitchParameter>]
すべてのクラスター ノードで指定したポート規則を有効にします。このパラメーターを省略した場合、ポート規則は単一のノード上でのみ有効になります。

必須false
位置named
既定値 
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-HostName <string>
このコマンドレットの実行対象となるクラスター ホストの名前を指定します。このパラメーターを省略した場合、または”-HostName .”を使用した場合は、ローカル クラスターが想定されます。[Alias: hn]

必須false
位置named
既定値 
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InputObject <PortRule[]>
有効にするクラスター ポート規則を指定します。

必須true
位置named
既定値 
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue, ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InterfaceName <string>
NLBのバインド先のインターフェイスを指定します。これは、このコマンドレットの実行対象のクラスターのインターフェイスです。

必須false
位置named
既定値 
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Ip <IPAddress>
有効にするクラスター ポート規則のIPアドレスを指定します。

必須false
位置named
既定値 
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Port <System.Nullable`1[[System.UInt32>
有効にするポート規則に含まれるポート番号を指定します。有効範囲は0から65535までです。

必須true
位置1
既定値 
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.PortRule

■出力

Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.PortRule

■メモ

■例

例1

 Enable-NlbClusterPortRule -Port 80 

例1:出力結果

IPAddress State     Start     End       Protocol  Mode      Affinity  Timeout
——— —–     —–     —       ——–  —-      ——–  ——-
All       Enabled   80        80        Both      Multiple  Single    0

例1:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のポート規則80を有効にします。

例2

 Get-NlbClusterPortRule | Enable-NlbClusterPortRule 

例2:出力結果

IPAddress State     Start     End       Protocol  Mode      Affinity  Timeout
——— —–     —–     —       ——–  —-      ——–  ——-
All       Enabled   80        80        Both      Multiple  Single    0

例2:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のすべてのポート規則を有効にします。

■関連するリンク

  • Add-NlbClusterPortRule
  • Disable-NlbClusterPortRule
  • Get-NlbClusterPortRule
  • Remove-NlbClusterPortRule
  • Set-NlbClusterPortRule

[参考]