Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-NlbClusterDriverInfo) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、ネットワーク負荷分散 (NLB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-NlbClusterDriverInfo」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-NlbClusterDriverInfo

■概要

ローカル コンピューター上のNLBドライバーに関する情報を取得します。

■構文

Get-NlbClusterDriverInfo -ConvergenceHistory [-InterfaceName <string>]
     [<CommonParameters>]

Get-NlbClusterDriverInfo -ExtendedAffinityExceptionList [-InterfaceName <string>]
     [<CommonParameters>]

Get-NlbClusterDriverInfo -ExtendedAffinityList [-InterfaceName <string>]
     [<CommonParameters>]

Get-NlbClusterDriverInfo -ClientIP <IPAddress> -Filter <Protocol>
     -ServerIP <IPAddress> [-ClientPort <int>] [-Flags <Flags>] [-ServerPort <int>]
     [-InterfaceName <string>] [<CommonParameters>]

Get-NlbClusterDriverInfo -OpenConnections [-InterfaceName <string>]
     [<CommonParameters>]

Get-NlbClusterDriverInfo [-Params] [-InterfaceName <string>] [<CommonParameters>]

■説明

Get-NlbClusterDriverInfoコマンドレットは、ローカル コンピューター上の NLB ドライバーに関する情報を取得します。これには、IPアドレス、ポート、収束の履歴、接続、拡張アフィニティ状態、およびプロトコルに関する情報が含まれます。

■パラメーター

-ClientIP <IPAddress>
現在のクラスター ノードでそのトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用される接続タプルのクライアント ポートを指定します。有効範囲は0から65535までです。[Alias: cpt]

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ClientPort <int>
現在のクラスター ノードでそのトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用される接続タプルのクライアント ポートを指定します。有効範囲は0から65535までです。[Alias: cpt]

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ConvergenceHistory [<SwitchParameter>]
クラスター ノード間の収束の履歴を取得します。[Alias: history]

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ExtendedAffinityExceptionList [<SwitchParameter>]
対象のクラスター ノード上の拡張アフィニティ例外一覧を取得します。[Alias: exceptionlist]

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ExtendedAffinityList [<SwitchParameter>]
対象のクラスター ノード上の拡張アフィニティ一覧を取得します。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Filter <Protocol>
特定のトラフィック パターンが対象のクラスター ノードによって選択されるかどうかを特定します。このパラメーターは、現在のクラスター ノードでそのトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用されるプロトコルを指定します。TCPまたはUDPを指定できます。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Flags <Flags>
現在のクラスター ノードでトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用されるパケットの種類を指定します。指定できる値は、SYN FIN または RST です。[Alias: fg]

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InterfaceName <string>
NLBのバインド先のインターフェイスを指定します。これは、このコマンドレットの実行対象のクラスターのインターフェイスです。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-OpenConnections [<SwitchParameter>]
コマンドレットにより、クラスターに対して開かれている接続の一覧を取得します。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Params [<SwitchParameter>]
コマンドレットにより、対象のノード上の NLB ドライバーに関する一覧情報が取得されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ServerIP <IPAddress>
現在のクラスター ノードでトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用される接続タプルのサーバーIPアドレスを指定します。[Alias: sip]

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ServerPort <int>
現在のクラスター ノードでトラフィックが許容されるか切断されるかをチェックする目的で使用される接続タプルのサーバー ポートを指定します。有効範囲は0から65535までです。[Alias: spt]

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.DriverInfo、Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ClusterSettings、Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ConvergenceHistoryRecord、Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ExtendedAffinityRecord、Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ClientExceptionRecord、Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.DescriptorRecord

■メモ

■例

例1

 Get-NlbClusterDriverInfo 

例1:出力結果

FullyQualifiedDomainName : cluster1.contoso.com
ParametersVersion        : 6
EffectiveNlbVersion      : 513
HostId                   : 2
ClusterName              : cluster1
ClusterIPAddress         : 2001:4898:e8:3018:bd82:dde1:6615:7b0
ClusterMacAddress        : 02-BF-FB-7E-A2-D1
AliveMsgPeriod           : 1000
MaxConnectionDescriptors : 262144
IcmpFilteringEnabled     : False
InitialHostState         : Started
CurrentHostState         : Started
PersistedHostStates      : True

例1:説明

このコマンドは、NLBドライバー構成に関する情報を取得します。

例2

 Get-NlbClusterDriverInfo -ConvergenceHistory 

例2:出力結果

Time                       FromState                  ToState
—-                       ———                  ——-
11/5/2008 10:55:27 PM      StablePhase2               Converged
11/5/2008 10:55:26 PM      ConvergingPhase2           StablePhase2
11/5/2008 10:55:26 PM      StablePhase1               ConvergingPhase2
11/5/2008 10:55:20 PM      ConvergingPhase1           StablePhase1
11/5/2008 10:55:17 PM      Unknown                    ConvergingPhase1

例2:説明

このコマンドは、ローカル ノードの収束の履歴を取得します。

例3

 Get-NlbClusterDriverInfo -Filter tcp -ServerIP 2.53.4.222 -ServerPort 5001 -ClientIP 2.53.4.5 -ClientPort 5001 

例3:出力結果

ACCEPT_UNCONDITIONAL_OWNERSHIP

例3:説明

このコマンドは、対象のパターンのトラフィックがローカル ノードで許容されるかどうかを宣言します。

例4

 Get-NlbClusterDriverInfo -ExtendedAffinityList 

例4:出力結果

IPAddress           References          VirtualIPAddress    StartPort
———           ———-          —————-    ———
2.53.4.5            0                   All                 0
2.53.4.6            0                   All                 0
2.53.4.7            1                   All                 0

例4:説明

このコマンドは、対象のクラスター ノード上の拡張アフィニティ一覧に含まれるクライアント IP アドレスを列挙します。拡張アフィニティ タイムアウトが有効になっているポート規則に対して適用されます。このコマンドは、各クライアントのアクティブな接続数も表示します。

例5

 Get-NlbClusterDriverInfo -ExtendedAffinityExceptionList 

例5:出力結果

IPAddress           HostId              VirtualIPAddress    StartPort
———           ——              —————-    ———
2.53.4.6            2                   All                 0

例5:説明

このコマンドは、拡張アフィニティ例外一覧に含まれるクライアントIPアドレスを列挙します。拡張アフィニティ タイムアウトが有効になっているポート規則に対して適用されます。この一覧に含まれるクライアントからのトラフィックは、ホスト ID の記述によって指定されている別のクラスター ノードによって取得されます。

例6

 Get-NlbClusterDriverInfo -OpenConnections 

例6:出力結果

SourceIPAddress     SourcePort          DestinationIPAddres DestinationPort
                                        s
—————     ———-          ——————- —————
2.53.4.5            64945               2.53.4.222          5001
2.53.4.15           64854               2.53.4.222          80

例6:説明

このコマンドは、対象のクラスター ノード上の開いている接続をすべて列挙します。ドレイン操作に時間がかかり、管理者側でノード上の接続について把握する必要がある場合に実行すると便利です。

■関連するリンク

  • Get-NlbCluster
  • Get-NlbClusterNode

[参考]