Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレット (Set-NlbClusterNodeDip) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、ネットワーク負荷分散 (NLB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-NlbClusterNodeDIP」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のNLBで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-NlbClusterNodeDIP

■概要

NLBクラスターの専用IPアドレスを編集します。

■構文

Set-NlbClusterNodeDIP [-IP] <IPAddress> -InterfaceName <string>
     [-HostName <string>] -NewDIP <IPAddress> [<CommonParameters>]

Set-NlbClusterNodeDIP -InputObject <ClusterNodeDip[]> -NewDIP <IPAddress>
     [<CommonParameters>]

■説明

Set-NlbClusterNodeDIPコマンドレットは、NLBクラスターの専用IPアドレスを編集します。このコマンドレットは、専用IPアドレスのIPアドレスおよびサブネット マスクの編集に使用できます。

この操作により、すべてのクラスター ノードの構成が変更されます。結果として、NLBクラスターでは、すべてのノードで収束プロセスを再開し、確実に構成の変更がすべてのノードで適用され、一貫した状態に達するようにする必要があります。すべてのクラスター ノードで収束プロセスが完了し、収束した状態に戻るまで、NLBクラスターで追加の操作を開始しないでください。すべてのクラスター ノードの状態をチェックするには、Get-NlbClusterNodeコマンドレットを使用します。構成を変更した結果、クラスター ノードで収束が終了しなくなった場合は、イベント ログを参照して、クラスター ノード間の構成の不一致を解決してください。

■パラメーター

-HostName <string>
このコマンドレットの実行対象となるクラスター ホストの名前を指定します。このパラメーターを省略した場合、または”-HostName .”を使用した場合は、ローカル クラスターが想定されます。[Alias: hn]

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InputObject <ClusterNodeDip[]>
専用IPアドレスを設定するクラスターのノードを指定します。

必須 true
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する true (ByValue, ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-InterfaceName <string>
NLBのバインド先のインターフェイスを指定します。これは、このコマンドレットの実行対象のクラスターのインターフェイスです。

必須 true
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IP <IPAddress>
専用IPを設定するクラスター ノードのIPアドレスを指定します。

必須 true
位置 1
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-NewDIP <IPAddress>
クラスター ノードの新しい専用IPアドレスを指定します。

必須 false
位置 named
既定値
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ClusterNodeDip

■出力

Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.ClusterNodeDip

■メモ

■例

例1

 Get-NlbClusterNodeDip fe80::a585:202d:f7f6:2636 | Set-NlbClusterNodeDip -NewDip fe80::a9cb:eafb:e841:d8cf 

例1:出力結果

Node                       IPAddress                  SubnetMask
—-                       ———                  ———-
node2                      fe80::a9cb:eafb:e841:d8cf

例1:説明

このコマンドは、クラスター仮想IPをfe80::a585:202d:f7f6:2636からfe80::a9cb:eafb:e841:d8cfに変更します。

■関連するリンク

  • Add-NlbClusterNodeDIP
  • Get-NlbClusterNodeDIP
  • Remove-NlbClusterNodeDIP

[参考]

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク