DPM 2012 SP1 Beta版のリリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容はBeta版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2012/09/09 (米国時間) にSystem Center 2012 のBeta版が公開されており、バックアップ管理ツールであるData Protection Manager (DPM) も含まれています。

DPM 2012 Beta版のリリース ノートが公開されていますが英語のみの情報であったため、日本語で翻訳した内容を纏めました (意訳した内容となります)。

提供対象;System Center 2012 – Data Protection Manager、System Center 2012 SP1 Beta – Data Protection Manager

このリリース ノートは、System Center 2012 -Data Protection Manager (DPM)についての情報を提供します。DPM製品ライフ サイクル中に問題と決議を継続的にに更新することができるよう、既知の問題 (それはリリース・ノートとしてソフトウェアで典型的に含まれる) を他のドキュメンテーションとともにウェブ上で公開しています。

System Center 2012 Service Pack 1 Data Protection Manager Betaリリース ノート

General

  • DPM 2012 SP1 Betaは、英語版のみサポートします。
  • DPM 2010から DPM 2012 SP1 Betaへのアップグレードはできません。詳細な情報は、Upgrading System Center 2012 – Data Protection Manager to System Center 2012 SP1 Betaを参照してください。
  • DPMのローカライズ化されたバージョンからアップグレードすることはできません。
  • KB2706783をインストールしたDPMサーバーからDPM SP1 Betaへのアップロードが可能です、アップロード後、すべての保護エージェントをアップグレードして、すべての保護グループの手動一貫性チェックを実行してください。
  • System Center 2012からSystem Center 2012 SP1へDPMをアップグレードする場合、セットアップ中にDPMDBのコピーができなかったというメッセージとともに失敗します。ウィザード画面上で、ブラウザをクリック、既存のSQLインスタンスの位置を指定してアップグレードを続行します。
  • DPMディスク記憶域プールのために、Storage Spacesを使うことができません。
  • データベースがDPMサーバー上にぞんざいしない場合、DPMデータベースのホストをつとめるためにMicrosoft SQL Server 2012のスタンドアローンを使用することが可能です。
  • リモートDPMデータベースをホストするSQL Server 2012をユーザーがインスタンスをクラスター化することはできません。
  • DPMは、DPMデータがSQL Server AlwaysOn配置に基礎をおくホスティングをサポートしません。
  • セットアップを開始する前にWindows Server 2012上に.NET Framwrok 3.5 Features機能をインストールする必要があります。
  • すべてのDPMコンピューター上に.NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
  • すべての保護コンピューター上に.NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
  • 中央コンソールが実行するコンピューター上に.NET Framework 3.5をインストールする必要があります。
  • 新規インストール、もしくはDPMの前のバージョンからアップブレードしているかどうかにかかわりなく、中央コンソールはサポートされません。
  • Live Migration、重複排除およびWindows Azure Online Backupは、Windows Server 2012が実行しているコンピューター上でのみ利用可能です。
  • レポートがInternet Explorer上で正しく表示されない場合、アドレス バーから互換性の表示に切り替えてください。

ファイル サーバー

  • NTFSボリュームからReFSボリュームまで保護された暗号化ファイルは、復元することができません。
  • ReFSによるカスタム ボリュームを保護することができません。

重複除去ボリュームの保護

  • 重複排除ボリュームを保護するために、DPMサーバーのデータ重複排除役割を有効にする必要があります。
  • テープへのデータ保護を行う場合、データは非最適化された形で格納されます。
  • 重複排除ボリュームのためのエンド ユーザー回復は、非最適化された形で実行されます。
  • DPM管理者コンソールが同じ仕事を試行している間二回働くのを止めて、再開されることを要求する場合、3回目のリスタートに関して、DPMはすべての継続仕事をキャンセルします。 これは、複製が矛盾しているようになる原因になる場合があります。 すべての複製が良い状態にあることを確実とするために、一貫性チェックを実行しなければなりません。
  • 重複除去ボリュームの保護は、Windows Azure Online Backupへのオンライン バックアップはサポートされていません。
  • DPMをアンインストール後、使用することがなければWindows上で重複除去機能を手動で無効にする必要があります。

Hyper-Vマシンの保護

  • Live MigrationとDPM スケールアウト配置のために、DPMサーバー、VMMサーバーとHyper-Vホストは同一のドメインである必要があります。
  • 仮想マシンのすべてのコンポーネントは、1つのファイル共有上になければなりません。
  • IPv4またはIPv6の記憶域位置ファイル サーバーは、サポートしていません。
  • 第二の保護は、仮想マシンの機動性、スケールアウトおよび重複排除ボリュームには利用できません。
  • 保護グループの作成前に、すべてのHyper-Vホストと仮想マシンがVMMサーバー上で表示されていることを確認する必要があります。
  • 仮想マシン保護のためにページファイル除外を構成し、saved-stateバックアップを使ってバックアップする場合、回復の後、起動エラーが発生する可能性があります。このシナリオでは、バーチャル・マシンは自動的に再起動します。
  • iSCSIターゲット記憶域プロバイダーを保護コンピューター上で有効にした場合、Hyper-Vクラスター上にホストされた仮想マシンのDPMバックアップは停止するかもしれません。この問題を解決するには、以下のレジストリー エントリを追加します。
    キー HKEY_LOCAL_MACHINESoftwareMicrosoftMicrosoft Data Protection ManagerAgent
    UseSystemSoftwareProvider
    データ
    DWORD

SQL Server 2012

  • SQL Server 2012データベースを保護するために以下を実行します。

    Management Studioを経由してSQL Server 2012インスタンスに接続し、セキュリティを選択、展開します。 そして、ログインを選択、展開、NT AUTHORITYSYSTEMを右クリックし、プロパティを選択します。サーバー ロールをクリック、sysadminを選択して、[OK]ボタンをクリックします。

  • DPMは、リモートSMB共有上に格納されたデータベースを保護できません。
  • AlwaysOn機能を使用するデータベースを保護する場合、DPMはSQL Serverでセットされるバックアップ ポリシーを引き継ぎません。
  • AlwaysOn機能を使用するデータベースを保護する場合、DPMは、プライマリ サーバーから決して後退しません。 セカンダリ サーバーがない場合、DPMはプライマリ サーバーを表示しません。3つの複製 (1台のプライマリ サーバーと2台のセカンダリサーバー) を保持している場合、DPMはセカンダリ サーバーだけを表示します。
  • AlwaysOn機能を使用するデータベースを保護する場合、DPMは非同期セカンダリサーバーに後退することができません。
  • AlwaysOn機能を使用するデータベースを保護する場合、最初の場所への復元をサポートしていません。

Disaster recovery

Resilient File System (ReFS)を用いたボリューム上にBitLockerを有効にした場合、ディザスタ リカバリ保護は ”Prameter incorrect” メッセージとともに失敗します。

Windows Azure Online Backup

  • 大文字と小文字の区別が可能なDPMサーバーは、サポートされません。
  • 中央コンソールを用いて管理することができません。
  • オンライン データ保持による停止保護は、サポートされません。 保護グループまたはデータ ソースの保護を止める場合、そのオンライン データは削除されます。 
  • セカンダリDPMサーバーからデータの保護はできません。 
  • PsExec v1.98からダウンロード可能なPsExexを用いて手動で設定する必要があります。
    1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動した後、 「psexec -i -s “C:Program FilesInternet Exploreriexplore.exe”」を実行します。
      Internet Explorerウィンドウを開きます。 
    2. [ツール] – [インターネット オプション] – [接続]タブ – [LANの設定]ボタン – [自動構成]および[プロキシ サーバー]にて設定します。
    3. Internet Explorerを閉じます。

System Center 2012 – Data Protection Managerリリース ノート

  • インストールを開始する前に、「Deploying DPM」にあるインストール手順を必ず通読してください。
  • DPM 2012は、DPM2010からのアップグレードをサポートします。 すべてのDPMサーバーおよび保護されるコンピューターに、QFE3 [KB2581742]が適用されていることを確認してください。
  • DPM 2012ベータ版からの一括アップグレードがサポートされます。
  • DPM 2012は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、および中国語 (簡体字) の各言語をサポートします。
  • DPM 2012は、DPM 2010繁体字中国語 (台湾) および韓国語については英語版へのアップグレードのみをサポートします。
  • レポートを構成しようとして次のエラーが発生し、DPM 2012のインストールに失敗した場合、コンピューターをフォーマットしてセットアップを再実行する必要があります。パスワードが短すぎます。(パスワードが長すぎたり、変更履歴が新しすぎる、一意の文字が少なすぎる、またはその他のパスワード ポリシーの要件を満たしていない場合もあります。)
  • DPM 2012のインストール フォルダーをルート ドライブに変更しないでください。 DPM 2012は必ずフォルダー内にインストールしてください。
  • DPM 2012アイコンがデスクトップから削除されている場合、C:Program FilesMicrosoft Data Protection ManagerCommonLauncher.exe からDPM 2012を起動できます。
  • DPM 2012の中央コンソールは、Operations Manager – System Center 2012 のみをサポートします。
  • 中央コンソールはローカル管理グループ (LMG) トポロジでサポートされていません
  • Operations Manager管理者がいずれの中央コンソール ロールにも構成されていない場合、ジョブを一切表示できない可能性があります。 ジョブを表示するには、Operations Managerを管理者として再起動し、DPMのタスクを管理者ユーザー ロールに割り当てます。
  • DPMサーバーにOperations Managerエージェントをインストールした後は、データ ソース検出が正常に機能するよう、次のレジストリ キーの設定をお勧めします。

    [HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftMicrosoft Operations Manager3.0ModulesGlobalPowerShell] “ScriptLimit”=dword:0000000f

    レジストリ設定を変更した後、ヘルス サービス (表示名: System Center Management) を再起動します。 これはOperations Managerで監視している各DPMサーバー上で繰り返す必要があります。

  • 規模が拡大された環境では、レポートを使用しない場合はイベント データの収集ルールとDPMバックアップ イベントの収集ルールを無効にする必要があります。
  • スコープ対象の管理者コンソールは Windows Vista (32 ビット) では動作しません。
  • スコープ対象の管理者コンソールは、Operations Managerコンソールを少なくとも1度開くまで起動しません。
  • リモート管理者コンソールからエンド ユーザー回復オプションは使用できません。DPM管理者コンソール上で実行する必要があります。
  • 回復ポイントの作成時刻は Operations Manager データ ウェアハウスに UTC 時間で保存されます。 レポートを作成する場合、時刻をローカルのタイム ゾーンに変換して正しい時刻を取得する必要があります。 たとえば、回復ポイントが保護対象のコンピューター上で7/19/2011の01:00 pmに作成されている場合、DPMはこれを1AM 7/19 としてOperations Managerに渡します。 Operations Managerサーバーが太平洋標準時のタイム ゾーンにある場合、これは9AM 7/19として保存されます。 レポートの作成中に、この時刻を再変換して実際の時刻を取得する必要があります。
  • DPM2012は、VMM – System Center 2012のみの保護と回復をサポートします。 VMM 2008 R2はサポートされません。
  • DPM2012は、SQL Server 2012 の保護と回復をサポートしません。
  • default.aspxなどのWindows SharePoint内部項目の回復はサポートされません。
  • 「Copy to tape」オプションを用いた復元ウィザードは、DPM Administratorからのみ利用可能です。Recovery AdministratorやTape Administratorでは、使用するための権限は持っていません。
  • SQL Serverデータベースの高速完全バックアップで大量 (プライマリMDFファイルとほぼ同じサイズ) のデータを転送している場合、SQL ServerにアップデートKB2471430をインストールする必要があります。 これは通常、Windows 2008 Server上でDBCC CHECKDBを実行した後で行います。
  • リモートのSQL Serverを使ってDPM 2012をインストールする場合、マシンの名前にローマ字以外の言語の文字を使用しないでください。
  • DPMデータベースをクラスター化またはミラー化されたインスタンス上に置くことはできません。
  • DPM2010からDPM2012にアップグレードする場合、テープの子ロケーションを再設定する必要があります。
  • 接続状態でのインストールに失敗した後で、接続なしのインストールを使って保護エージェントをインストールすると、インストールは完了してもアラートが表示され続けます。

      —–
      追加のリソースについては、Information and Support for System Center 2012を参照してください.

      Tip: こちらから、System Center 2012用のオンラインドキュメントを見つけることができます。実行コマンドや例は、Search the System Center 2012 Documentation Libraryを参照してください。
      —–

      [参考]

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク