Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterLog) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のWSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「Get-ClusterLog」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-ClusterLog

■概要

フェールオーバー クラスター内のすべてのノード (または特定のノード) のログ ファイルを作成します。

■構文

Get-ClusterLog [[-Node] <StringCollection>] [-Destination <string>]
     [-TimeSpan <uint32>] [-UseLocalTime] [-InputObject <psobject>]
     [-Cluster <string>]  [<CommonParameters>]

■説明

Get-ClusterLogコマンドレットは、フェールオーバー クラスター内のすべてのノード (または特定のノード) のログ ファイルを作成します。クラスターのログ ファイルを作成する場合、作成したログの保存先に加えて、ログ情報を記録する期間を指定できます。

注: このコマンドレットは、Credential Security Service Provider (CredSSP) 認証なしで、サーバー コンピューター上からリモートで実行することはできません。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Destination <string>
クラスター ログのコピー先の場所を指定します。現在のフォルダーをコピー先に指定するには、このパラメーターで”-Destination .”を使用します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InputObject <psobject>
クラスター ログを生成する対象のクラスターを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Node <StringCollection>
クラスター ログを生成する対象のクラスター ノードの名前を指定します。

エイリアスなし
必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TimeSpan <uint32>
クラスター ログを生成する期間を指定します。

エイリアスspan
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UseLocalTime
各クラスタ ログ エントリに対してタイムスタンプが現地時間を使用することを示します。既定では、タイムスタンプはグリニッジ標準時 (GMT)を使用します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.Management.Automation.PSObject

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

このコマンドレットのヘルプ トピックをオンラインで確認するには、「Get-Help Get-ClusterLog -Online」と入力するか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=216212を参照してください。

■例

例1

 Get-ClusterLog 

例1:出力結果

Mode                LastWriteTime     Length Name
—-                ————-     —— —-
-a—          9/4/2008   3:53 PM    2211301 Cluster.log
-a—          9/4/2008   3:53 PM    1261025 Cluster.log

例1:説明

このコマンドは、クラスターの各ノード上のクラスター レポート フォルダーに、ローカル クラスターのログ ファイルを作成します。

例2

 Get-ClusterLog -Destination . 

例2:出力結果

Mode                LastWriteTime     Length Name
—-                ————-     —— —-
-a—          9/4/2008   3:55 PM    2211301 node1_cluster.log
-a—          9/4/2008   3:55 PM    1261025 node2_cluster.log

例2:説明

このコマンドはローカル クラスターの各ノードのログ ファイルを作成し、すべてのログをローカル フォルダーにコピーします。

例3

 Get-ClusterLog -TimeSpan 5 

例3:出力結果

Mode                LastWriteTime     Length Name
—-                ————-     —— —-
-a—          9/4/2008   3:58 PM     128299 Cluster.log
-a—          9/4/2008   3:58 PM     104181 Cluster.log

例3:説明

このコマンドは、クラスターの各ノード上のクラスター レポート フォルダーに、ローカル クラスターのログ ファイルを作成します。このログは、最後の5分を範囲に含んでいます。

■関連するリンク

  • Set-ClusterLog

[参考]