System Center 2012 R2 – Orchestrator の新機能について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、自動運用管理ツールである Orchestrator も含まれています。

System Center 2012 R2 – Orchestrator の新機能について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
What’s New in System Center 2012 R2 Orchestrator の内容を意訳したものとなります。

System Center 2012 R2 – Orchestrator では、以下の新機能が利用可能です。

新機能

このリリースでは、以下の新機能が追加されます。

  • System Center 2012 R2 – Orchestrator セットアップ プログラムから、サービス管理自動 Web サービスのインストール、および最大 3 人までの Runbook ワーカーを任命することができます。これらは、Windows Azure Pack for Windows Server  構成の一部として利用することができる、または Runbook 実行を有効にすることができる、かつ PowerShell コマンドレットを用いて他の自動タスクを実行することができます。評価目的のために、Web サービスと同じコンピュータ上に単一の Runbook ワーカーを任命する必要があります。
  • このリリースにて、Windows Server 2012 がサポートされます。

加えて System Center 2012 R2 – Orchestrator では、以下の新規追加およびアップデートされる統合パック (IP) があります。

System Center 2012 R2 からの新規追加
System Center Integration Pack for Microsoft SharePoint
System Center 2012 R2 からのアップデート
System Center Integration Pack for Orchestrator in System Center 2012 SP1 and System Center 2012 R2
System Center Integration Pack for System Center 2012 Virtual Machine Manager

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク