System Center 2012 R2 – DPM リリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、バックアップ管理ツールである Data Protection Manager (DPM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – DPM のリリース ノートについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Release Notes for Data Protection Manager in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

このリリース ノートは、System Center 2012 R2 – DPM が正常にインストールされることを要求する情報が含まれます。また、製品ドキュメントで利用できない情報も含まれます。DPM をインストールまたは使用する前に、DPM に関するこのリリース ノートの内容を確認してください。このリリース ノートは、System Center 2012 R2 に適うようされます。

注:
System Center 2012 R2 に対して発表されるこのコンテンツは、このリリースに含まれるすべての変更は反映するための完全なアップデートではありません。その結果、System Center Service Pack 1 (SP1) に特化した点で注意される機能に確認されるかもしれません。しかしながら、そのような機能について、System Center 2012 R2 でも同様となりそうです。

既知の問題

DPM の集中監視は Windows Server 2008 R2 ではサポートされていません。

概要: System Center 2012 R2 用の DPM 管理パックは、Windows Server 2008 R2 上にインストールされた System Center 2012 R2 – DPM インスタンスを監視できません。

回避策: DPM サーバー上のオペレーティング システムを Windows Server 2012 へアップグレードします。

VHD に対するページファイル除外は機能的ではありません。

概要: 仮想ハードディスク ファイル (VHD) に対するページファイル除外は機能的ではありません。

回避策: なし。

バックアップおよび同期は機能的ではありません。

概要: DPM バックアップ ツール (DPMbackup.exe) および同期ツール (DPMsync.exe) は機能的ではありません。これらのツールは既存の複製、もしくは DPM データベースが再利用される必要がある場合に DPM サーバーの再構築を目的として使用されます。

回避策: なし。

エージェントのアップグレードは Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージをインストールしません。

概要: DPM エージェントを System Center 2012 R2 ようにアップグレードすると、Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (Vcredist) はインストールされません。

回避策: はじめにプロダクション サーバー上に Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージをインストールし、DPM エージェント ソフトウェアを System Center 2012 R2 用にアップグレードします。

VM の状態が変更される場合に整合性チェックは初期レプリカにつながることができます。

概要: 仮想マシンがオンライン状態とオフライン状態の間で変更となるならば、整合性チェックは実行され、すべてのデータブロックは、データ ソースから初期レプリカ (IR) へ転送されます。

回避策: なし。

参照

他のリソース

Release Notes for Data Protection Manager in System Center 2012 SP1

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]