System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager の新機能について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、仮想環境を一元に管理する Virtual Machine Manager (VMM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – VMM の新機能について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
What’s New in VMM in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

以下のセクションは、System Center 2012 R2 リリースで強化された VMM に関する機能、およびそのほかの変更点について纏めています。

ネットワーク

  • プライベート IP アドレスを使用したサイト-サイト間ネットワーク接続
    • 簡略化沙汰ゲスト IP 管理: VMM を経由したゲスト IP アドレス構成の設定、および主にゲスト クラスターを有効にするために動的 IP アドレスに対してサポートします。
    • サイト-サイト間 NVGRE ゲートウェイ: Windows Server 2012 R2 Preview は、Hyper-V ネットワーク仮想化のためのサイト-サイト間ゲートウェイに対する新しい機能を提供します。これは、高可用性を達成するために仮想化ネットワークのホスターを有効にし、すべての Microsoft ソフトウェアを使用したこれらのネットワークのテナントのためによりよい信頼性および申込みオプションを提供します。

    仮想マシンのネットワークに関する接続性オプションの強化は、大部分のテナント シナリオを可能にします。これは、複数のサイト-サイト間トンネル、およびネットワーク アドレス変換 (NAT) ファイアウォールを通して直接のインターネット アクセスを含みます。これらの機能は、インボックス Windows および System Center コンポーネントを用いて利用することができます。

  • Cisco NVGRE (Generic Routing Encapsulation によるネットワーク仮想化) : このリリースでは、様々なネットワーク サービスに対応するためより柔軟な VMM プロバイダー面を許可するとともに、同時間にユーザー エクスペリエンスを単純化します。例えば、ロード バランサーのようなネットワークサービスは、ネットワーク仮想化ゲートウェイとして機能することができ、またスイッチ拡張は送信されたパケットを誰が所有しているかを決定するネットワーク仮想化ポリシーにアクセスすることができます。
  • IP アドレス管理 (IPAM) 統合
  • 最上位にあるラック スイッチ統合
  • Hyper-V ネットワーク仮想化による Hyper-V 拡張スイッチ作業のための フォワーディング拡張 (Cisco 1000V および NVGRE) 。

仮想マシンおよびクラウド

  • 差分ディスク: 差分ディスク (.vhd および .vhdx ファイル フォーマットの両方) に対する最適化サポートは、性能を改善し、仮想マシン プロビジョニングのコストを削減します。差分ディスクは、ディスク データの大部分を複数の仮想ディスクの間で共有させることによって記憶域要件を削減するとともに、記憶域と移動コストの両方が最適化されます。これは、多数の仮想マシンが初期仮想ディスクの小さなセットから作成されるホスティング シナリオでは重要でありえます。
  • 仮想マシンのライブ クロージング: Windows Server 2012 R2 Preview では、新しい Hyper-V 機能をサポートします。ライブ クロージングによって、仮想マシンはダウンタイムなしでエクスポートされます。そして、ユーザーは仮想マシンの作成を避けることができ、既存の仮想マシンに合致する新しい仮想マシンを構成します。
  • オンライン VHDX ディスク サイズ変更: Windows Server 2012 もしくは Windows Server 2012 R2 Preview が実行している Hyper-V ホストに対して、ディスクが使用中であるオンラインの VHDX ディスク サイズ変更をサポートしています。これは、Hyper-V のオンライン サイズ変更機能をサポートしています。
  • Windows Server 2012  ダイナミック メモリー機能に対するサポートの強化: ダイナミック メモリーは、実行中もしくは一時停止中の仮想マシンに対して変更、および適用するための設定が可能です。
  • 各クラウドに対するユーザーへの許可の付与: 管理者は、ユーザーとユーザー役割が原則クラウド単位で実行するとことが可能な許可されたアクションのスコープを簡単にカスタマイズすることができます。これは、アクション / ユーザー / クラウドのあらゆる組み合わせに対する新しいユーザー役割を作成する必要を取り除きます。
  • ファイル ベースの仮想マシン カスタム化プロセスに対してサポートします。初期ブートの前に仮想マシン ドライブ、またはファイル パス内の指定したパスへファイルを挿入することが可能です。また、任意のファイル検索、およびシンボル検索や置換を行います。
  • ゲスト オペレーティング システムへファイルを転送するために、Windows Server 2012 R2 Preview では、新しい Hyper-V ファイル転送 API に更新されました。これは、ホストおよびゲスト オペレーティング システムの両方が Windows Server 2012 R2 Preview である場合にサポートされ、ゲスト上で仮想ゲスト サービスが実行中であり、VMM ライブラリ サーバーへのアクセスにおいてネットワークに接続されていません。仮想マシンが Windows Server 2012 R2 Preview ホストおよび VMM ライブラリ サーバーへのアクセスによるネットワーク接続がない場合、サービス間のファイル転送はこれらの新しい Hyper-V API を利用します。
  • テンプレート ギャラリーから、Windows および Linux ベースの仮想マシン、およびマルチ VM サービスを作成する機能。
  • より高速なライブ マイグレーション、および Windows Server 2012 R2 Preview オペレーティング システムの移動に対してサポートします。

記憶域

  • 仮想ファイバー チャネルのサポート: ファイバー チャネル ファブリックの管理と仮想マシンの自動プロビジョニングは、ファイバー チャネルファブリックを超えたストレージへの接続をサポートします。
  • ゾーンの管理
  • オフロード データ転送 (ODX) に対するサポート: 高可用性シナリオに対する強化されたサポートは計画された、もしくは計画外のダウンタイムの間、VMM 管理サービスの連続可用性を提供します。これは、ホスター / サービス プロバイダー環境で重要です。
  • 共有 VHDX サポート: 高可用性 SQL ファームを提供する共有 VHDX 記憶域による SQL フェールオーバー クラスタリング、および高可用性 VMM をサポートします。これは、ゲスト内に高可用性アプリケーションを配置するために許可されたユーザーによるゲスト クラスタリングをサポートします。
  • ベアメタルから、スケールアウト ファイル サーバー クラスターをプロビジョニングします。
  • 差分ディスクの最適化によるストレージ統合
  • 記憶域スペース ファイル: ファイル サーバー管理は、ビルドもしくはストレージ管理のための異なるツールの統合からクラウド管理者を解放するために、不変の管理をプロビジョニングすることから、ファイル サーバーのすべてのライフサイクルを含みます。ファイル サーバーを管理することで、初期プロビジョニングから進行中のモニタリングへ、記憶域、CPU 処理、ネットワークに対する統合経験を Windows Server 2012 R2 Preview はサポートします。この統合した経験は、複数のラックと何千もの管理されたデバイス全体のスケールで管理を統合します。

サービス

  • Xen 上のサービス: Xen Server ホストへサービスを提供するために、System Center 2012 SP1 – VMM 展開に対するサポート
  • 階層上の他の仮想マシン上で実行されるスクリプトよりも、最初に配置された仮想マシン上で実行されるスクリプトを許可します。

インフラストラクチャ

  • 仮想マシンのフェールオーバー後に自動タスクの再実行を許可します。
  • VMM アップデート管理に対するコンピュータ スコープの拡張。
  • 管理パックは、配分と利用に基づく配賦目的の新しい測定基準で更新されます、これは配賦およびレポーティングによるより良い統合を提供するとともに、配賦と請求を可能にする資源のテナント ベースの利用に関するモニタリングを可能とします。

更なる強化

  • VMM 管理サーバー、VMM ライブラリ サーバー、そして Hyper-V ホストのような様々な役割を持った Windows Server 2012  R2 Preview および Windows 8.1 Preview をサポートします。
  • レプリケーションおよび回復に対する強化: Windows Server 2012 R2 Preview 上のレプリケーション技術に基づく新しいディスクに対して追加でサポートします。この改善により、VMM はクラウドベースの複製を可能にすることを SRS によって供給されるインフラストラクチャを提供するために強化されました。
  • セットアップにおいて、追加の直接リンクが必要条件ではなくなりました。

参照

概念

What’s New in VMM in System Center 2012 SP1

What’s New in System Center 2012 – Virtual Machine Manager

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]