System Center 2012 R2 – Operations Manager リリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、アプリケーション / オペレーティング システム / ハードウェア / ネットワークの正常性、パフォーマンスなどの詳細を監視する Operations Manager も含まれています。

System Center 2012 R2 – Operations Manager のリリース ノートについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Release Notes for Operations Manager in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

Operations Manager をインストールまたは使用する前に、このリリース ノートの内容を確認してください。

注:
System Center 2012 R2 に対して発表されるこのコンテンツは、このリリースに含まれるすべての変更は反映するための完全なアップデートではありません。その結果、System Center Service Pack 1 (SP1) に特化した点で注意される機能に確認されるかもしれません。しかしながら、そのような機能について、System Center 2012 R2 でも同様となりそうです。

Microsoft .NET Framework 4.x が最初にインストールされない場合、ASP.NET Web API Data Producers はインストールされません

概要: Microsoft .NET Framework 4.x が以前にインストールされていないコンピューター上で、System Center 2012 R2 – Operations Manager エージェントをインストールする場合、ASP.NET Web API に対するいくつかの Data Producers はインストールされません。コンピューター上に Microsoft .NET Framework を後でインストールし、かつアプリケーション監視機能を持つ ASP.NET Web API を使用するアプリケーションを監視するのを試みる場合、適用できる Data Producers は不明の状態であり、アプリケーションに対する監視は機能しません。

回避策: これは、設計によるものです。不明となっている Data Producers を回復するために、コンピューター上に Microsoft .NET Framework 4.x がインストールされた後、エージェントを再インストールする必要があります。

エージェントは異なるリリース バージョンから SP1  管理グループへ APM データを送信できません。

概要: System Center 2012 R2 – Operations Manager エージェントは、System Center 2012 RTM および Ssytem Center 2012 SP1 が実行されているサーバー上の管理グループへアプリケーション パフォーマンス監視 (APM) データを送信できません。このケースでは、サーバーに入ってくる APM データを処理せず、データベースに格納しません。

回避策: エージェント コンピュータおよび管理サーバー コンピューターの両方は、System Center 2012 R2 リリース バージョンの Operations Manager をインストール、および実行されている必要があります。

管理サーバーのアップグレード後に SP1 エージェントは正常に APM イベントを処理しないかもしれません

概要: 管理サーバーが System Center 2012 R2 にアップグレードされた後、System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) Operations Manager エージェントは、アプリケーション パフォーマンス監視 (APM) イベントを正常に処理することができない場合があります。この状態にて、イベント ID 4502 が記録された Operations Manager イベント ログ、および説明が以下の内容と類似していることを確認する必要があります。

A module of type "Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AgentModules.AliasingHiddenRulesConditionDetection" reported an exception System.IO.FileNotFoundException: Could not load file or assembly 'PCounterHandlerV3.5, Version=7.0.5000.7, Culture=neutral, PublicKeyToken=9396306c2be7fcc4' or one of its dependencies. The system cannot find the file specified.

回避策: 新しいバージョンである R2 管理パックが管理サーバーからエージェントへダウンロードされるため、APM イベントを処理するすべての SP1 エージェントに対して Health  サービスを再起動します。

Windows Server 2012 R2 上でアプリケーション パフォーマンス監視を使用するために管理パックをインストールする必要があります。

概要: Windows Server 2012 R2 上でアプリケーション パフォーマンス監視 (APM) を使用するために、Windows Server 2012 R2 管理パックおよび IIS 8 管理パックをインストールする必要があります。

回避策: APM support for Windows Server 2012 R2、および APM support for IIS 8 (インターネット インフォメーション サービス 8) は、System Center 2012 R2 Operations Manager に含まれます。しかしながら、この機能が動作するためには、以下に示される監視パックのセットをインポートする必要があります。

  • Microsoft.Windows.Server.2012.R2.Discovery.mp
  • Microsoft.Windows.Server.Library のバージョンが 6.0.6989.0、もしくはそれ以降
  • Microsoft.Windows.Server.2012.Discovery のバージョンが 6.0.6989.0、もしくはそれ以降
  • Microsoft.Windows.InternetInformationServices.CommonLibrary のバージョンが 7.0.8862.0、もしくはそれ以降
  • Microsoft.Windows.InternetInformationServices.2012 のバージョンが 7.0.8862.0、もしくはそれ以降
    これは、IIS8 管理パックの新しいバージョンです。”Windows 8 ベータ版でリリースされた管理パック” の一部である、Microsoft.Windows.InternetInformationServices.6.2 管理パックは使用しないでください。以前にインポートしている場合には、Microsoft.Windows.InternetInformationServices.6.2 管理パックを除外します。
  • Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS8
    これは、System Center 2012 – Operations Manager メディア内の /ManagementPacks フォルダーに存在し、 以前 (現在においても) IIS7 で使用されていた Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS7 管理パックの相当物です。

アップグレード後にエージェントから WCFServerAsyncBeginProducer が見つかりません

概要: System Center 2012 から System Center 2012 R2 へのアップグレード中、APM 監視に対して構成される新しい System Center 2012 R2 エージェントは、アップグレードされなかった管理グループから古い構成設定を受け取り、以下のメッセージを持つイベント ログで「情報」イベント (ID 1295) を記録するかもしれません。

Cannot find producer “Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation.InstrumentationClass.WCFServerAsyncBeginProducer of assembly Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation, Version=7.0.5000.0, Culture=Neutral, PublicKeyToken=9396306c2be7fcc4, processorArchitecture=MSIL” in assembly Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation, Version=7.0.5000.0, Culture=Neutral, PublicKeyToken=9396306c2be7fcc4, processorArchitecture=MSIL, producer is inaccessible due to access level or producer has an incorrect signature. Please see documentation for details.

回避策: なし。このイベントは設計によるものです。APM 以外のすべては正常に機能し、このイベント メッセージは問題なく無視することができます。

アップグレード後に Web コンソールは破損状態となった IIS のために機能しません

概要: System Center 2012 R2 – Operations Manager へのアップグレード中に、アップグレードが Web コンソールを破壊した場合、Runtime エラーが発生します。

Server Error in ‘/OperationsManager’ Application

Web コンソール サーバー上のアプリケーション ログにおいて、例外メッセージを持つイベントを確認します。

Could not load type ‘System.ServiceModel.Activation.HttpModule’

例えば、アップグレード プロセスの一部として、”HTTP Activation” をオペレーティング システムの役割サービスに追加することを促されます。これには、IIS を semi-broken 状態から離し、修正する IIS 上で ASP.NET の再登録を必要とします。これは、ASP.NET の後にどの IIS コンポーネントを追加する場合にも発生します。

回避策: IIS の ASP.NET を再登録します。

  • Windows Server 2008 R2 SP1 の場合、管理者権限で起動したコマンド プロンプト上にて、以下のコマンドを実行してください。
    cd “C:WindowsMicrosoft.NETFramework64v4.0.30319”
    aspnet_regiis.exe –i -enable
    
  • Windows Server 2012 の場合、管理者権限で起動したコマンド プロンプト上にて、以下のコマンドを実行してください。
    cd “C:WindowsMicrosoft.NETFramework64v4.0.30319”
    aspnet_regiis.exe -r
    

実行可能な sudo が期待しているパスに存在しない場合、Solaris オペレーティング システム上で sudo を使用するためには構成を変更する必要があります

概要: Solaris を実行しているコンピューター上で sudo を実行したい、かつ実行可能な sudo が期待しているパスに存在していない場合、正しいパスへのリンクを作成する必要があります。Operations Manager は、パス「/opt/sfw/bin」、およびパス「/usr/bin」から実行可能な sudo を検索します。sudo がこれらのパスの 1 つでもインストールされていない場合、リンク付けが必要となります。

回避策: 以下のコマンドを用いて、Operations Manager によって使用される sudo 実行へのリンクを作成します。

 ln –s /usr/local/bin/sudo /usr/bin/sudo 

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク