System Center 2012 R2 – Orchestrator リリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、自動運用管理ツールである Orchestrator も含まれています。

System Center 2012 R2 – Orchestrator のリリース ノートについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Release Notes for Orchestrator in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

このリリース ノートは、System Center 2012 R2 – Orchestrator が正常にインストールされることを要求する情報が含まれています。また、製品ドキュメントで利用できない情報も含まれています。

注:
System Center 2012 R2 に対して発表されるこのコンテンツは、このリリースに含まれるすべての変更は反映するための完全なアップデートではありません。その結果、System Center Service Pack 1 (SP1) に特化した点で注意される機能に確認されるかもしれません。しかしながら、そのような機能について、System Center 2012 R2 でも同様となりそうです。

既知の問題

SMA コマンドレット ヘルプは、Update-Help コマンドレットを用いてインストールできます

概要: Update-Help コマンドレットを用いて SMA コマンドレット ヘルプをインストールしようとした場合、指定されたモジュールが更新可能なヘルプをサポートしないという、記述されたエラーを取得します。

回避策: System Center Technical Resources のコマンドレット ヘルプに含まれる Microsoft Word ファイルを閲覧、もしくはダウンロードすることができます。これらはトピックについてでもあり、System Center Technical Resources から閲覧、ダウンロードすることができます。

ドメインに参加しているコンピュータにのみ、SMA をインストールできます

概要: サービス管理自動化 (SMA) 機能がインストールされているコンピューターがドメインの一部でない場合、SMA Web サービスおよび SMA Runbook ワーカーのインストールは失敗します。

回避策: コンピューターが事前にドメインに参加していることを確認してください。

Orchestrator はセットアップを完了するために IIS 役割を有効にする必要があります

概要: インターネット インフォメーション サービス (IIS) 役割が有効でない場合、Orchestrator のインストールは成功しません。

回避策: Orchestrator をインストールする前に、IIS 役割がインストールおよび有効になっていることを確認します。

.NET 3.5 が有効でない Windows Server 2012 上で IP 配置もしくは Runbook の実行を試みると失敗します

概要: .NET Framework 3.5 が有効になっていない 稼動中の Windows Server 2012 コンピューター上で、IP 配置もしくは Runbook の実行を試みた場合、その実行は失敗します。

回避策: 稼動中の Windows Server 2012 コンピューター上に、手動で .NET Framework 3.5 を有効にし、再度実行します。

カスタム列挙型の値は一意でなければなりません

概要: 既存の列挙型の値で複製した名前でカスタム列挙型の値を作成した場合、アクティビティは失敗します。

回避策: すべてのカスタム 列挙型の値はすべて他の列挙型の値から異なる名前にする必要があります。

Server Manager IP が配置された後、Orchestrator サーバーは再起動します。

概要: Runbook サーバーへ System Center 2012 SP1 のIP for Server Manager の配置後、Orchestrator サーバーは、追加の通知なしで自動的に再起動します。

回避策: 注意。Server Manager IP は、いくつかのバイナリ ファイルが使用されている状態でもアップデートすることができるため、コンピューターを再起動する必要があります。

プログラム アクティビティの実行は、Windows Server 2012 のインタラクティブ モードでは動作しません

概要: 例えば、Windows Server 2012 で稼働している Runbook サーバー上で、 notepad.exe がインタラクティブ モードで実行するよう構成されたプログラム アクティビティの実行が含まれた Runbook を開始します。notepad.exe は、フォアグランド プロセスの代わりにバックグランド プロセスで開始されます。

回避策: レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlWindows のサブキー NoInteractiveServices の値は、既定では (SERVICE_INTERACTIVE_PROCESS を持つかどうかにかかわらず、サービスがインタラクティブに実行することが許可されない) 1 です。 NoInteractiveServices の値を 0 に設定すると、SERVICE_INTERACTIVE_PROCESS を持つサービスは、インタラクティブで実行することを許可されます。 サブキー NoInteractiveServices の値を 0 に変更後、コンピュータを再起動します。

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク