Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレット (Add-WBBackupTarget) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Serverバックアップ (WSB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、備忘録という意味でも日本語としてオンライン上で確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Add-WBBackupTarget」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Add-WBBackupTarget

■概要

バックアップの保存場所を指定する WBBackupTarget オブジェクトをバックアップ ポリシー (WBPolicy オブジェクト) に追加します。

■構文

Add-WBBackupTarget [-Policy] <WBPolicy> [-Target] <WBBackupTarget> [[-Force]]
     [<CommonParameters>]

■説明

Add-WBBackupTargetコマンドレットは、バックアップの保存場所を指定するWBBackupTargetオブジェクトをバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に追加します。このコマンドレットを使用するには、まずNew-WBBackupTargetコマンドレットを使用してWBBackupTargetオブジェクトを作成する必要があります。次に、Add-WBBackupTargetコマンドレットを使用すると、保存場所としてディスク、ボリューム、またはリモート共有フォルダー (ネットワーク) の場所のいずれかを指定できます。ポリシーに追加できる保存の種類は常に1つのみです。また、共有フォルダーを指定する場合は、さらに保存場所を追加することはできません。保存場所として指定できる共有フォルダーは常に1つのみです。ただし、保存場所ごとにAdd-WBBackupTargetコマンドレットを呼び出すことによって、同時に複数のディスクまたはボリュームを指定することができます。

■パラメーター

-Force [<SwitchParameter>]
ユーザーに確認メッセージを表示しないように指定します。

必須 false
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Policy <WBPolicy>
更新するバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-Target <WBBackupTarget>
バックアップ ポリシーに追加するバックアップの保存場所を指定します。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

WBBackupTarget, WBPolicy

  • Add-WBBackupTargetコマンドレットは、新しいバックアップの保存場所を含むWBBackupTargetオブジェクトをバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に追加します。複数の保存場所を追加するには、場所ごとにAdd-WBBackupTargetを呼び出す必要があります。

■出力

WBBackupTarget[]

  • Add-WBBackupTargetコマンドレットは、バックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に含まれている保存場所の一覧を表示します。

■メモ

  • バックアップの保存場所としてディスクを指定すると、そのディスクが使用前にフォーマットされるため、ディスク上の既存のデータは完全に消去されます。
  • WBPolicyオブジェクトは編集モードでなければなりません。スケジュール指定バックアップ ポリシーとして設定されているポリシーのWBPolicyオブジェクトを編集モードに切り替えるには、Get-WBPolicyコマンドレットを-Editableパラメーターと共に使用します。New-WBPolicyコマンドレットは、新しいWBPolicyオブジェクトを編集モードの状態で作成します。
  • Windows Serverバックアップの各コマンドレットを使用するには、AdministratorsグループまたはBackup Operatorsグループのメンバーであることが必要です。

■例

例1

 Add-WBBackupTarget -Policy $policy -Target $backupLocation 

例1:説明

このコマンドは、バックアップの保存場所$backupLocationをWBPolicyオブジェクト$policyに追加します。$backupLocationオブジェクトは、New-WBBackupTargetコマンドレットを使用して作成できます。

■関連するリンク

  • New-WBPolicy
  • New-WBBackupTarget

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク