Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-WBBackupTarget) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Serverバックアップ (WSB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、備忘録という意味でも日本語としてオンライン上で確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-WBBackupTarget」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-WBBackupTarget

■概要

バックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) の一部として指定されたバックアップの保存場所を取得します。

■構文

Get-WBBackupTarget -Policy <WBPolicy> [<CommonParameters>]

■説明

Get-WBBackupTargetコマンドレットは、バックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) の一部として指定されたバックアップの保存場所を取得します。有効な保存場所には、ディスク、ボリューム、またはリモート共有フォルダーがあります。取得する場所をWBPolicyオブジェクトに追加するには、New-WBBackupTargetコマンドレットを使用してバックアップの保存場所として指定します。

■パラメーター

-Policy <WBPolicy>
情報を表示するバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) を指定します。

必須 true
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

WBPolicy

  • Get-WBBackupTargetコマンドレットは、指定されたバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) をクエリします。

■出力

WBBackupTarget[]

  • Get-WBBackupTargetコマンドレットは、バックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に含まれている保存場所の一覧を表示します。

■メモ

  • すべてのオンライン ディスクの一覧を表示するには、Get-WBDiskコマンドレットを使用します。
  • Windows Serverバックアップの各コマンドレットを使用するには、AdministratorsグループまたはBackup Operatorsグループのメンバーであることが必要です。

■例

例1

 Get-WBBackupTarget -Policy $policy 

例1:説明

このコマンドは、WBPolicyオブジェクト$policyで設定されているバックアップの保存場所の一覧を取得します。

■関連するリンク

  • New-WBBackupTarget
  • Get-WBPolicy
  • Get-WBDisk

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク