Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレット (Start-WBBackup) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Serverバックアップ (WSB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、備忘録という意味でも日本語としてオンライン上で確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Start-WBBackup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Start-WBBackup

■概要

1回限りのバックアップ操作を開始します。

■構文

Start-WBBackup [-Policy] <WBPolicy> [[-Async]] [[-Force]] [<CommonParameters>]

■説明

Start-WBBackupコマンドレットは、1回限りのバックアップ操作を開始します。バックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に定義されているスケジュールされたバックアップの設定を使用できます。または、新しい設定を使用してバックアップを開始できます。

■パラメーター

-Async [<SwitchParameter>]
バックアップ開始後、Windows PowerShellがすぐに制御を戻すことを指定します。画面に状態を出力しません。

必須false
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
ユーザーに確認メッセージを表示しないように指定します。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Policy <WBPolicy>
バックアップを作成するために使用するバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) 設定を指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

WBPolicy

  • Start-WBBackupコマンドレットは、WBPolicyオブジェクトを使用して、バックアップに含める項目およびバックアップの保存場所を決定します。

■出力

string

  • Start-WBBackupコマンドレットは、-Asyncパラメーターが指定されていない場合、現在実行中のバックアップの状態を文字列オブジェクトで表示します。それ以外の場合は、Get-WBJobコマンドレットを使用して、現在実行中のバックアップ操作の状態を取得します。

■メモ

  • 新しい設定を使用してバックアップを作成する場合は、次の値を指定します。
    1. Add-WBVolume、Add-WBFileSpec、Add-WBSystemState、およびAdd-WBBareMetalRecoveryコマンドレットを使用して、バックアップに含める項目を指定します。
    2. WBBackupTargetコマンドレットで既に定義されている場所を使用してバックアップの保存場所を指定するか、またはこのオブジェクトを更新します。
  • WBPolicyオブジェクトは編集モードでなければなりません。スケジュール指定バックアップ ポリシーとして設定されているポリシーのWBPolicyオブジェクトを編集モードに切り替えるには、Get-WBPolicyコマンドレットを-Editableパラメーターと共に使用します。New-WBPolicyコマンドレットでは、既に編集モードの状態で新しい WBPolicy オブジェクトが作成されます。
  • Windows Serverバックアップの各コマンドレットを使用するには、AdministratorsグループまたはBackup Operatorsグループのメンバーであることが必要です。

■例

例1

$policy = New-WBPolicy
$fileSpec = New-WBFileSpec -FileSpec C:15-12-08_1645.jpg
Add-WBFileSpec -Policy $policy -FileSpec $filespec
$volume = Get-WBVolume -VolumePath F:
Add-WBVolume -Policy $policy -Volume $volume
Add-WBSystemState $policy
Add-WBBareMetalRecovery $policy
$backupLocation = New-WBBackupTarget -VolumePath D:
Add-WBBackupTarget -Policy $policy -Target $backupLocation
Set-WBVssBackupOptions -Policy $policy -VssCopyBackup
Start-WBBackup -Policy $policy

例1:説明

このコマンドは、新しい設定を使用してバックアップを開始します。この例では、ファイル指定C:15-12-08_1645.jpg、ボリュームF:、システム状態、およびベア メタル回復機能が、WBPolicyオブジェクト$policyのバックアップ ソースとして含まれます。次に、バックアップの場所、ボリュームD:がポリシーに追加されます。次に、VSSコピー バックアップとしてバックアップを実行するオプションが指定されます。バックアップのソースおよびバックアップの場所が指定されます。次に、Start-WBBackupコマンドレットを使用してバックアップが開始されます。

例2

$policy = Get-WBPolicy
Start-WBBackup -Policy $policy -Async
$backupJob = Get-WBJob

例2:説明

このコマンドは、WBBackupオブジェクト$policyで定義されている、スケジュールされたバックアップの設定を使用し、バックアップを開始します。バックアップは、Start-WBBackupコマンドレットを使用して開始されます。-Asyncフラグが指定されているため、このコマンドレットはすぐに制御を戻します。バックアップの状態は、Get-WBJobコマンドを使用して表示できます。

■関連するリンク

  • Get-WBJob
  • Get-WBPolicy

[参考]