Windows Server 2012のiSCSI Targetで使用できるPowerShellコマンドレット (Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のiSCSI Targetに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のiSCSI Targetで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping

■概要

iSCSIターゲットへ仮想ディスクを割り当てます。

■構文

Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping [-TargetName] <string> [-Path] <string>
     [-Lun <int>] [-ComputerName <string>] [-Credential <pscredential>]
     [<CommonParameters>]

■説明

Add-IscsiVirtualDiskTargetMappingコマンドレットは、iSCSIターゲットへ仮想ディスクを割り当てます。1度仮想ディスクをターゲットを割り当てると、ターゲットがiSCSIイニシエーターに接続した後、iSCSIイニシエーターが仮想ディスクへのアクセスを可能とします。同じiSCSIターゲットに割り当てられた仮想ディスクのすべては、iSCSI医師にエータ―への接続によってアクセスを可能とします。

■パラメーター

-ComputerName <string>
このコマンドレットをリモート コンピューター上を実行する場合、リモート コンピューターのコンピューター名、もしくはIPアドレスをしていします。
このコマンドレットをクラスター構成上で実行する場合、クラスター リソース グループ ネットワーク名、もしくはクラスター ノード名を指定します。

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Credential <pscredential>

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Lun <int>
仮想ディスクに関連付けられた論理ユニット番号 (LUN) を指定します。既定では、最も低い数字の利用可能なKUN番号が割り当てられます。

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <string>
iSCSI仮想ディスクを関連付けている仮想ハードディスク (VHD) ファイルのパスを指定します。
このパラメーターを用いてiSCSI仮想ディスク オプジェクトをフィルターします。

必須true
位置2
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスDevicePath
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TargetName <string>
iSCSIターゲット名を指定します。

必須true
位置1
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.String
System.Management.Automation.PSCredential

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

■例

例1

 Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping -TargetName &quot;TargetOne&quot; -DevicePath &quot;E:Tempvhd1.vhd&quot; 

例1:説明

この例では、「TargetOne」と名付けられたターゲットとパス「E:Tempvhd1.vhd」のVHDに関連付けます。

例2

 Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping -TargetName &quot;TargetOne&quot; -DevicePath &quot;E:Tempvhd1.vhd&quot; -Lun 0 

例2:説明

この例では、LUNを「0」に設定し、「TargetOne」と名付けられたターゲットとパス「E:Tempvhd1.vhd」のVHDに関連付けます。重要なのは、LUN番号がターゲットが一意として与えられることです。

例3

 Add-IscsiVirtualDiskTargetMapping –TargetName TestTarget –Path ramdisk:test 

例3:説明

「TestTarget」と名付けられたターゲットオブジェクトへ「test」と呼ばれるramdiskに割り当てます。イニシエーターが「TestTarget」に接続された場合、ramdiskへのアクセスを可能にします。

[参考]