System Center 2012 R2 – App Controller リリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、プライベート クラウドとパブリック クラウドに共通のセルフサービス環境を提供する管理ツールである App Controller も含まれています。

System Center 2012 R2 – App Controller のリリース ノートについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Release Notes for App Controller in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

このリリース ノートは、System Center 2012 R2 – App Controller が正常にインストールされることを要求する情報が含まれています。また、製品ドキュメントで利用できない情報も含まれています。App Controller をインストールまたは使用する前に、App Controller に関するこのリリース ノートの内容を確認してください。このリリース ノートは、System Center 2012 R2 – App Controller に適用されます。

注:
System Center 2012 R2 に対して発表されるこのコンテンツは、このリリースに含まれるすべての変更は反映するための完全なアップデートではありません。その結果、System Center Service Pack 1 (SP1) に特化した点で注意される機能に確認されるかもしれません。しかしながら、そのような機能について、System Center 2012 R2 でも同様となりそうです。

既知の問題

セットアップが、Windows Server 2012 上のローカル Administrators グループのすべてのメンバーを、Administrator ユーザー役割へ追加するわけではありません

概要: App Controller セットアップが、ローカル Administrator グループのすべてのメンバーを追加するわけではありません。App Controlle Administrator として製品をインストールしたユーザーを追加します。

回避策:手動でローカル Administrators グループのメンバーを、App Controller の Administrator ユーザー役割に追加してください。

IIS の必要条件を満たしていない場合、セットアップはインストールをブロックします

概要: IIS が存在しない場合、App Controller セットアップはユーザーにセットアップの続行を許可しません。これは、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 の両方で起こりえます。

回避策: 再度セットアップを試みる前に、コンピューター上に IIS 役割をインストールします。

SQL Server が可用性グループ機能を使用している場合、データーベースを削除することができません

概要: アンインストールは、App Controller データベースを削除できません。

原因: SQL Server が、可用性グループ機能を使用しています。

回避策: App Controller のアンインストール後、データベースを手動で削除します。

必要条件レベルの負荷が発生した場合に、セットアップはクラッシュします

概要: 必要条件レベルの負荷が発生した場合に、セットアップはクラッシュします。

回避策: コンピューターを再起動せずに、再度セットアップを実行してください。

アップグレードをキャンセルすると、アンインストールすることができません

概要: System Center 2012 R2 – App Controller のプレリリース バージョンにアップグレードする場合、アップグレード完了前にキャンセルされるならば、App Controller はアンインストールすることはできません (アンインストール画面の代わりに、アップグレード画面が表示されます)。同様に、無人アンインストールはコンポーネントもアンインストールしません。

原因: App Controller セットアップ フォルダー内のファイルが、アップグレードしたファイルに置き換わるためです。

回避策: アップグレードが正常に完了したら、App Controller をアンインストールします。

アップグレード後に、予期しない失敗が起こりえます

概要: System Center 2012 SP1 – App Controller から、System Center 2012 R2 へのアップグレードは失敗するかもしれません。App Controller 管理サーバーのアップグレードの間、およびセットアップ ログ へのポインターは赤い X シンボルを見ます。Windows インストーラーログの最後の部分は、インストールの失敗を示しています。

原因: 不明。

回避策: コンピューターの再起動せずに、再度アップグレードのためにセットアップを実行します。セットアップは正常に周章していなければならず、管理サーバーのアップグレード警告に対する警告を表示します。しかしながら、警告に関わらず、App Controller はこの時点でうまくアップグレードされなければなりません。

Windows Azure コンテナへ有効でないファイル名文字でアップロードすると、失敗します

概要: ファイルを Windows Azure コンテナにアップロードするジョブは開始されません、しかしアップロードが失敗した旨通知されます。

原因: 次の文字がファイル名として有効でない文字となります。^%$&)(+!@#}{.

回避策: 有効な文字のみとするようファイル名を変更し、再度実行します。

System Center サインアウトが含まれたヘッダー ペインの表示は、消えるかもしれません

概要: 2、3 のノードを選択後、App Controller のヘッダー ペインおよびナビゲーション ペインの表示は消えるかもしれません。

回避策: ローカル コンピューターの設定で、”セキュリティ強化の構成” を有効にします。

Windows Azure へコピーされた仮想マシン、もしくはテンプレートは、ロックされたままかもしれません

概要: SSU が VMM から Windows Azure へ仮想マシン、もしくはテンプレートをコピーした後、VMM リソースは変更されない状態でロックされたままとなるかもしれません。これは、保存された仮想マシンがホストへ移動することができないことを意味します。

回避策: App Controller によって開始されたリソース エクスポート ジョブをキャンセルするために、VMM コンソールを使用してください。

Windows Azure 上の仮想マシンと同じ名前のデータ ディスクを追加する場合、競合チェックは実行されません

概要: データ ディスクが Windows Azure に仮想マシンを追加し、仮想マシンが持つ Windows Azure データ ディスクが既に同じ名前で存在している場合、この App Controller のリリースでは競合を見つけることができません。

回避策: なし。

Windows Azure の仮想マシンは、再イメージすることができません

概要: App Controller を用いた配置の前、もしくは後に Windows Azure で仮想マシンを再イメージすることができません。

回避策: なし。

Windows Azure のデプロイ サービスは、アップグレードすることができません

概要: アップグレード コマンドは、App Controller を用いた Windows Azure のデプロイ サービスに対して利用可能ではありません。

回避策: なし。

Windows Azure の仮想マシンに対するプロパティ コマンドは、機能しません

概要: System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) の App Controller のリリースでは、Windows Azure 仮想マシンのプロパティを開くことができません。タスク バーのプロパティ コマンドは機能しません。また、右クリック メニューのプロパティ コマンドは機能しません。

回避策: Virtual Machines ページ上で利用可能な仮想マシンのプロパティを確認することができます。

期限切れ、もしくは不当にストアされた証明書は、エクスポート ジョブが VMM のハングアップを引き起こします

概要: App Controller を評価するために使用される自己署名証明書が、App Controller 管理サーバーおよび、ブラウザで App Controller にアクセスしている、もしくは App Controller に対して Windows PowerShell コマンドを実行するコンピューター上に信頼されたルート証明機関にストアされていない場合、いくつかの機能は動作しません。

  • VMM から Windows Azure へ仮想マシンをコピーする場合、VHD をコピーするエクスポート ジョブがエクスポートを終了することは許可されていません。これは、誰かが VMM のジョブを削除する、もしくはエクスポートがタイムアウトするまで VMM の VHD リソースを保持してしまいます。
  • Windows PowerShell コマンドは、実行されないかもしれません。
  • Firefox を使用して、App Controller にアクセスすることはできません。
注:
これらの状態は、期限切れの証明書によって引き起こされます。

回避策: 評価のために、自己署名証明書に用いる代わりに手動で HTTP バインディングのセットアップを実施します。そうでなけば、このリリース ノートのために説明にリストされるコンピューター上の信頼されたルート証明機関ストアの評価される App Controller で使用される自己署名証明書をストアします。また、証明書が期限切れでないことを確認します。

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]