Windows Server 2012のiSCSI Targetで使用できるPowerShellコマンドレット (New-IscsiVirtualDisk) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のiSCSI Targetに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「New-IscsiVirtualDisk」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のiSCSI Targetで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

New-IscsiVirtualDisk

■概要

指定したファイル パスおよび容量からiSCSI仮想ディスクを作成します。

■構文

New-IscsiVirtualDisk [-Path] <string> [-Size] <uint64> [-Description <string>]
     [-ComputerName <string>] [-Credential <pscredential>] [<CommonParameters>]

New-IscsiVirtualDisk [-Path] <string> -ParentPath <string> [-Description <string>]
     [-ComputerName <string>] [-Credential <pscredential>] [<CommonParameters>]

■説明

New-IscsiVirtualDiskコマンドレットは、指定されたファイル パスおよびサイズで新しいiSCSI仮想ハードディスク (VHD) を作成します。iSCSI VHDオブジェクトが作成された後、仮想ディスクはiSCSIターゲットへ割り当てることが可能です。ターゲットへ割り当てられた仮想ディスクは、イニシエーターがそのターゲットに接続すると、iSCSIイニシエーターはイニシエーターがターゲットへ接続した後で仮想ディスクにアクセスすることが可能です。

VHDファイル パスが存在しない場合、新しいVHDファイルはその場所に作成されます。

VHDファイル パスが存在する場合、サーバーはエラーとして返します。Import-IscsiVirtualDiskコマンドレットを使用して存在するVHDをインポートします。

■パラメーター

-ComputerName <string>
このコマンドレットをリモート コンピューター上を実行する場合、リモート コンピューターのコンピューター名、もしくはIPアドレスをしていします。
このコマンドレットをクラスター構成上で実行する場合、クラスター リソース グループ ネットワーク名、もしくはクラスター ノード名を指定します。

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Credential <pscredential>

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Description <string>
iSCSI仮想ディスクに対する説明を記載します。

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ParentPath <string>
VHDが差分ディスクである場合に親仮想ディスク パスを指定します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名Differencing
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <string>
iSCSI仮想ディスクを関連付けている仮想ハードディスク (VHD) ファイルのパスを指定します。
VHDファイル パスが存在しない場合、新しいVHDファイルはその場所に作成されます。
VHDファイル パスが存在する場合、サーバーはエラーとして返します。Import-IscsiVirtualDiskコマンドレットを使用して存在するVHDをインポートします。

必須true
位置1
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスDevicePath
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Size <uint64>

拡張されるiSCSI仮想ディスクのサイズを指定します。
注: このパラメーターは入力 (例えば10GB、20MB、1TB) として数を単位とします。
このパラメーターが提供されない場合、このパラメーターを入寮するよう、入力フィールドとしてプロンプトに表示されます。その場合、プロンプトにて値を入力できなくとも、値はBytesで提供される必要があります。

必須true
位置2
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
パラメーター セット名Fixed
エイリアスなし
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.String
System.UInt64
System.Management.Automation.PSCredential

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

■例

例1

 New-IscsiVirtualDisk –Path &quot;E:temptest.vhd&quot; -Size 10GB 

例1:説明

この例では、サイズが10GBの固定VHDを作成します。

例2

 New-IscsiVirtualDisk -ParentPath &quot;E:temptest.vhd&quot; -Path &quot;E:tempchilddiff.vhd&quot; 

例2:説明

この例では、親パス「E:temptest.vhd」の差分VHDパス「E:tempchilddiff.vhd」として、差分VHDを作成します。

例3

 New-IscsiVirtualDisk –Path &quot;E:temptest.vhd&quot; -Size 10GB -ComputerName &quot;iscsisvr&quot; 

例3:説明

この例では、コンピューター名「iscsisvr」上に存在する「E:temptest.vhd」に、サイズが10GBの固定VHDを作成します。

例4

 New-IscsiVirtualDisk –Path ramdisk:test –Size 20MB 

例4:説明

この例では、サイズが20GBのVHDを作成します。このVHDは保存することができず、wintargetサービスもしくはシステムが再起動された際に失われます。

[参考]