System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレット (Add-SCACAzureDisk) について

スポンサーリンク

System Center 2012 – App Controller 2012 は、PowerShell を用いてプライベートおよびパブリック クラウドのサービス管理を行うことが可能です。

このヘルプ情報について、日本語として纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳したものとなります)。

この記事では、「Add-SCACAzureDisk」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

■名前

Add-SCACAzureDisk

■概要

Windows Azure へ仮想ハードディスクを追加します。

■構文

Add-SCACAzureDisk -Name <string> -DisplayName <string>
     -Cloud <ACAzureSubscriptionCloud> -StorageBlob <uri>
     -SourceVHD <StandaloneVirtualHardDisk> -OperatingSystem <OperatingSystemType>
     {None | Windows | Linux} [-Force]  [<CommonParameters>]

Add-SCACAzureDisk -Name <string> -DisplayName <string>
     -Cloud <ACAzureSubscriptionCloud> -StorageBlob <uri> -SourcePath <string>
     -OperatingSystem <OperatingSystemType> {None | Windows | Linux} [-Force] 
     [<CommonParameters>]

■説明

Add-SCACAzureDisk コマンドレットは、Windows Azure へ仮想ハードディスクを追加します。

このコマンドレットを実行するために、セッションに Virtual Machine Manager (VMM) モジュールを追加する必要があります。

■パラメーター

-Cloud <ACAzureSubscriptionCloud>
Windows Azure サブスクリプション クラウド オブジェクトを指定します。クラウド オブジェクトを検索するために、Get-SCACCloud コマンドレットを用います。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

-DisplayName <string>
Windows Azure 内のイメージ、もしくは仮想ハードディスクの表示名を指定します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

-Force
イメージ、もしくは仮想ハードディスクが確認を促すプロンプトなしで Windows Azure へ追加することを示します。

必須false
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

-Name <string>
仮想ハードディスク名を指定します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

-OperatingSystem <OperatingSystemType>
仮想ハードディスクのオペレーティング システムのタイプを指定します。有効な値は、None、Windows、Linux です。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

-SourcePath <string>
ソース仮想ハードディスクのパスを追加します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名SourcePath
エイリアスなし
動的false

-SourceVHD <StandaloneVirtualHardDisk>
ソース仮想ハードディスクを指定します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名SourceVHD
エイリアスなし
動的false

-StorageBlob <uri>
Windows Azure にストアされたイメージ、もしくは仮想ハードディスクの URI を指定します。

必須true
位置名前付き
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名(すべて)
エイリアスなし
動的false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Help を使用してください。

■例

例1

 $Clouds = Get-SCACCloud
Add-SCACAzureDisk -Name &quot;VHD01&quot; -DisplayName &quot;VHD01.vhd&quot; -Cloud $Clouds[0] -StorageBlob &quot;https://container01.blob.core.windows.net/vhds/VHD01.vhd&quot; -SourcePath “\FileShareVMsVhd01.vhd&quot; -OperatingSystem &quot;Windows&quot; -Force 

最初のコマンドは、$Cloud 変数にすべてのクラウド オブジェクトを取得し、ストアします。

2番目のコマンドは、$Cloud にストアされている最初のクラウド内の指定したコンテナへ仮想ハードディスク「VHD01.vhd」を追加します。

[参考]