System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレット (Add-SCACAzureSubscription) について

スポンサーリンク

System Center 2012 – App Controller 2012 は、PowerShell を用いてプライベートおよびパブリック クラウドのサービス管理を行うことが可能です。

このヘルプ情報について、日本語として纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳したものとなります)。

この記事では、「Add-SCACAzureSubscription」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

■名前

Add-SCACAzureSubscription

■概要

App Controller へ Windows Azure サブスクリプションを追加します。

■構文

Add-SCACAzureSubscription [-Name] <string> [-Id] <guid>
     [-ManagementCertificatePath] <string>
     [-ManagementCertificatePassword] <securestring> [-Description <string>]
     [<CommonParameters>]

■説明

Add-SCACAzureSubscription コマンドレットは、App Controller へ Windows Azure サブスクリプションを追加します。

■パラメーター

-Description <string>
Windows Azure subscription に対する説明を指定します。

必須 false
位置 名前付き
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-Id <guid>
Windows Azure subscriptionに対する、ID を表す GUID を指定します。

必須 true
位置 1
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-ManagementCertificatePassword <securestring>
管理証明書のパスワードを含む安全な文字列を指定します。

必須 true
位置 3
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-ManagementCertificatePath <string>
Specifies a file path to the management certificate.

必須 true
位置 2
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-Name <string>
Windows Azure subscription 名を指定します。

必須 true
位置 0
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Help を使用してください。

■例

例1

$MCPassword = ConvertTo-SecureString &quot;PassWord!&quot; -AsPlainText -Force
Add-SCACAzureSubscription –Id &quot;1626950e-3af6-4fe8-a7d2-e489c18931a2&quot; –ManagementCertificatePassword $MCPassword –ManagementCertificatePath &quot;C:CertificatePath&quot; –Name &quot;AzureSubscription01&quot;

最初のコマンドは、提供されたパスワードに対するセキュア文字列を作成し、$MCPassword 変数にセキュア文字列をストアします。

2番目のコマンドは、$MCPassword にストアされたパスワードを用いて ID が「1626950e-3af6-4fe8-a7d2-e489c18931a2」の Windows Azure subscription を追加するとともに、「AzureSubscription1」という名前を与えます。

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク