System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレット (Get-SCACAzureServiceDeployment) について

スポンサーリンク

System Center 2012 – App Controller 2012 は、PowerShell を用いてプライベートおよびパブリック クラウドのサービス管理を行うことが可能です。

このヘルプ情報について、日本語として纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳したものとなります)。

この記事では、「Get-SCACAzureServiceDeployment」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2012 – App Controller で使用できる PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-SCACAzureServiceDeployment

■概要

指定した Windows Azure サービス デプロイの情報を取得します。

■構文

Get-SCACAzureServiceDeployment [-HostedService] <ACAzureHostedService>
     [[-DeploymentSlot] <string>] [<CommonParameters>]

Get-SCACAzureServiceDeployment [-Cloud] <ACCloud> [<CommonParameters>]

■説明

Get-SCACAzureServiceDeployment コマンドレットは、指定した Windows Azure サービス デプロイの情報を取得します。

■パラメーター

-Cloud <ACCloud>
クラウド オブジェクトを指定します。Get-SCACCloud コマンドレットを使用してクラウド オブジェクトを指定します。

必須true
位置0
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
パラメーター セット名Cloud
エイリアスなし
動的false

-DeploymentSlot <string>
展開スロット名を指定します。

必須false
位置1
パイプライン入力を許可するfalse
パラメーター セット名HostedService
エイリアスなし
動的false

-HostedService <ACAzureHostedService>
Windows Azure hosted サービス オブジェクトを指定します。Get-SCACAzureHostedService コマンドレットを使用して、Windows Azure hosted サービス オブジェクトを取得します。

必須true
位置0
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
パラメーター セット名HostedService
エイリアスなし
動的false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Microsoft.SystemCenter.CloudManager.PowerShell.ACAzureHostedService
Microsoft.SystemCenter.CloudManager.PowerShell.ACCloud

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Help 使用してください。

■例

例1

$CloudSystem = Get-SCACCloudSystem -Name &quot;CloudSystem01.Contoso.com&quot;
$Cloud = Get-SCACCloud -CloudSystem $CloudSystem
$HostedService = @(Get-SCACAzureHostedService -Cloud $Cloud)
Get-SCACAzureServiceDeployment -HostedService $HostedService[0]

最初のコマンドは、クラウド システムオブジェクト「CloudSystem01」を取得し、 $CloudSystem 変数にオブジェクトをストアします。

2 番目のコマンドは、$CloudSystem にストアされているクラウド システムに対するクラウド オブジェクトを取得し、$Could 変数にストアします。

3 番目のコマンドは、$Cloud にストアされているクラウドに対するすべての Windows Azure hosted サービスを取得し、$HostedService 配列にhosted サービスオブジェクトをストアします。

最後のコマンドは、$HostedService 配列にストアされている最初の hosted サービスに対する Windows Azure サービス配置を取得し、ユーザーへサービス配置に関する情報を表示します。

[参考]