System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Upgrade Sequencing for System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

MIcrosoft System Center 2012 の複数のコンポーネントが含まれる環境で、System Center Service Pack 1 (SP1) から、System Center R2 へこれらのコンポーネントをアップグレードするオペレーションはとても重要です。System Center 2012 R2 のリリースをもって、System Center 2012 Service Pack (SP1) のリリースで利用できたことよりさらに、他のコンポーネントを追加するためのオプションがあります。他のコンポーネントを導入するオペレーションは、非常に重要です。以下の内容は、アップグレード シーケンスによって影響を受ける System Center 2012 R2 の新しいコンポーネントを含んでいる構成要素のリストとなります。

  1. Service Management Automation (SMA)
  2. Orchestrator
  3. Service Manager
  4. Data Protection Manager (DPM)
  5. Operations Manager
  6. Configuration Manager
  7. Virtual Machine Manager (VMM)
  8. App Controller
  9. Service Provider Foundation (SPF)
  10. Windows Azure Pack for Windows Server
  11. Service Mus Clouds
  12. Windows Azure Pack
  13. Service Reporting

このコンポーネントのリストは、アップグレードの優先順位、および新しい構成要素の導入の両方で示しています。追加される、もしくはアップグレードされる最初のコンポーネントはリストの最上位にあります。使用している環境にこれらの System Center コンポーネントが 1 つのみ含まれる場合、コンポーネントに対して直接アップグレード ガイドまで進むことができます。そうでない場合、このガイドの手順にしたがい、正しいシーケンスでアップグレードを行う必要があります。System Center 2012 R2 に対する他のコンポーネントを追加する場合個別のコンポーネント レベルの展開ガイドを参照してください。

このガイドの以下のセクションは複数の System Center コンポーネントをアップグレードするための方法を示します。このガイドのセクションは、アップグレード優先順位の順番に記載されています。リスト内で、優先順位の高いコンポーネントに対応するセクションから開始します。例えば、Operations Manager および VMMを使用している場合、リスト内で優先順位の高い Operations Manager のセクションを最初に開始してから、VMM のセクションに進みます。

アップグレードを準備する際、特定のコンポーネントのアップグレードを参照する前に、このガイドで使用する各コンポーネントに対応するセクションに目を通してください。

VMM および App Controller の場合を除き、追加となるコンポーネントを同時にアップグレードする必要はありません。記載している順序にしたがい、アップグレードを行っている限り、アップグレードされたコンポーネントは、まだアップグレードされていない他のコンポーネントと引き続き機能します。

WindowsServer 2012、もしくは Windows Server 2012 R2 のどちらかが必要となる、VMM および Service Maangement Automation (SMA) を除いて、このアップグレードの前、およびアップグレード中に他のオペレーティング システムのアップグレードを行わないことを前提としています。オペレーティング システムをアップグレードする前に、各種のSystem Center  コンポーネントをアップグレードします。加えて、SQL Server のアップグレードは行っていないことを前提としています。System Cetner コンポーネントをアップグレードした後、SQL Server 2012 にアップグレードすることができます。

System Center 2012 SP1 のすべてのコンポーネントを、最新の更新ロールアップにすることを推奨します。2013/11/01 時点の更新ロールアップは、以下の表に示しています。

必ず最新の更新ロールアップについて確認するようにしてください。このリストは公開時 (2013 年 11 月 1 日) では正確な状態です。
コンポーネント 2013/11/01 時点の更新ロールアップ
Orchesrator UR3
Service Manager UR4
Data Protection Manager UR3
Operations Manager UR4
Configuration Manager UR3
Virtual Machine Manager UR4
App Controller UR4

■System Center のバージョンに関する注記

2012 年 4 月に、マイクロソフトは、System Center 製品群の最初のバージョンであり、このガイドで System Center 2012 と呼んでいる System Center 2012 をリリースしました。2013 年 1 月 にはSystem Center 製品群の新しいバージョンである、System Center 2012 Service Pack (SP1) をリリースしました。このバージョンは、このガイドでは System Center 2012 SP1 と呼んでいます。2013 年 10 月 に System Center 2012  R2 をリリースし、このバージョンではここで示しています。

■Orchestrator に関する注記

Orchestrator が使用している環境に含まれている場合、Orchestrator がアップグレードする最初のコンポーネントとなります。

使用している環境に新しコンポーネントである、Service Management Automation (SMA) を追加する場合、Orchestrator をアップグレードする前にインストールする必要があります。

System Center 2012 SP1 上にインストールされている、どの System Center コンポーネント統合パック (IP) も、System Center 2012 R2 コンポーネントでは機能しません。

Orchestrator をアップグレードする場合、他のコンポーネントがアップグレードするまで現在の機能が引き続き使用できるよう、System Center 2012 SP1 の IP を配置したままにします。後続のコンポーネント (例えば、Service Manager 2012 SP1) をアップグレードする場合、System Center 2012 SP1 の IP をアンインストールします。コンポーネントをアップグレードした後で、Orchestrator コンピューターに戻り、R2 Noバージョンの IP をアンインストールします。コンポーネントをアップグレードした後で、Orchestrator コンピューターに戻り、R2 バージョンの IP をインストールします。このシーケンスは、このガイドおよび Orchestrator のアップグレード ガイドの両方に詳細があります。

統合パックのアップグレードをインストール場合、すべての Runbook サーバーおよびRunbook Designer から、古い統合パックを最初にアンインストールする必要があります。その後で、統合パックのアップグレードを登録、および展開します。古いバージョンの統合パックをアンインストールした後でアップグレード バージョンを登録、および展開しない場合、アップグレード バージョンが失敗します。

■Operations Manager に関する注記

Operations Manager をアップグレードした後、いくつかの下位レベルのコンポーネントに対し、Operations Manager コンソールをインストールすることが必要になることがあります。

Operations Manager で利用可能ないくつかの新しい機能は、Windows Server 2012 を使用している場合のみ利用できます。Windows Server 2012、もしくは Windows Server 2012 R2 にアップグレードする前に既存のオペレーティング システム上の Operations Manager を最初にアップグレードすることを推奨します。

■Data Protection Manager に関する注記

Data Protection Manger (DPM) で提供されている新しい機能は、Windows Server 2012 を使用している場合のみ利用できます。Windows Server 2012、もしくは Windows Server 2012 R2 にアップグレードする前に、既存のオペレーティング システム上で DPM を最初にアップグレードすることを推奨します。

■Service Provider Foundation に関する注記

Service Provider Foundation (SPF) の最新のリリースでは、Virtual Machine Manager (VMM) と通信する Virtual Machine Manager Web Service へのアクセスを提供します。他のすべての System Center コンポーネントをアップグレードするまで、SPF をインストールしないでください。

■アップグレード シーケンスに関するトピック

  • Orchestrator
    Orchestrator のアップグレード シーケンスについて、記載しています。
  • Service Manager
    Service Manager のアップグレード シーケンスについて、記載しています。
  • Data Protection Manager
    DPM のアップグレード シーケンスについて、記載しています。
  • Operations Manager
    Operations Manager のアップグレード シーケンスについて、記載しています。
  • Configuration Manager
    Configuration Manager のアップグレード シーケンスについて、記載しています。
  • Virtual Machine Manager and App Controller
    VMM および App Controller のアップグレード シーケンスについて、記載しています。

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]

  2. […] System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]

  3. […] System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]

  4. […] System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]

  5. […] System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]

  6. […] System Center 2012 R2 のアップグレード シーケンスについて | 焦げloghttp://kogelog.com/2013/12/07/20131207-01/ […]